【未成年のシースリー契約辞典】同意書書き方は?親の同伴は必要?

シースリー同意書

シースリーの契約をしたい未成年はどのように手続きすればいい?カウンセリングに行く前に用意するものなどをまとめました。

未成年がシースリーの契約をするときに必要なもの

シースリーに行きたい未成年のために必要なことをまとめました。トラブルにならないためにもきちんと守りましょう。

まず、シースリーでは基本的にお母さんの同伴が必要です。

シースリーのコールセンターに電話して聞いたところ、現金一括で支払う以外は母親と一緒にカウンセリングに行かないといけないそうです。同意書だけ持ってカウンセリングに行った場合は、現金一括払いしか選べないのだとか。ちょっと面倒ですよね・・・。

でもそれでしか契約ができないのなら仕方ありません。逆を言えば、お母さんも一緒に支払い方法を考えてくれるので、もしかすると分割手数料なく安い料金で脱毛できちゃうかも知れませんよ!

なので、まずはお母さんのスケジュールを聞いて一緒に行ける日でカウンセリングの予約をしましょう。

★契約のために準備するもの

  • 印鑑
  • 本人確認書類(健康保険証、運転免許証など)
  • 支払いのためのもの(通帳orクレジットカードor現金)
  • 親権者同意書(※現金払いの場合のみ)

※カウンセリングの時に、現金を持っていく必要はないそうです。(コールセンターへ電話して確認済♪)

シースリーのカウンセリング予約の方法

カウンセリング予約はシースリー公式HPからできます。

シースリー公式HPの上「WEB予約はコチラ」から

シースリー公式ページ

店舗検索画面になります。その中の「未成年の方はこちらを御確認ください」を確認します。

シースリー未成年確認画面

タップするとこのような画面が出てきます。

シースリー未成年への注意事項

17歳以下の人は施術NG =契約できるのは18歳からになりますね。

未成年の注意点を確認したら、希望の店舗と人数を選びます。

シースリー予約店舗選択画面

次に、カウンセリングに行きたい日にちを選びます。希望の日付をタップすると時間帯が選べるようになります。

シースリー希望日時選択画面

カウンセリング希望日時を選んだら、名前や連絡先など必要事項を入力します。

シースリー予約情報入力画面

入力し終わったら確認画面に進みます。間違いがないか最後にチェック!

シースリー予約確認画面

間違いがなかったら、下の「同意して送信する」をタップすれば予約完了です!

シースリー予約画面最後

同意書の書き方

「現金一括払いで契約するよ!」という人は、次のリンクから親権者同意書をダウンロードしてください。

 

親権者同意書はこのように書いてもらいます。

シースリー親権者同意書サンプル

シースリーは未成年者の契約に両親の署名・捺印がある親権者同意書が必要です。親権者1名の同意でOKなサロンがほとんどですが、シースリーは親権者2名の同意が必要なことに注意。

同意書のプリントアウトができないんです

家にPCやプリンターがなくてプリントアウトできない~!という人は、ネットプリントサービスを使うとコンビニでプリントできます。印刷代(20~50円くらい)以外の登録・利用料はかかりません。

netprint(セブンイレブン)

https://www.printing.ne.jp/index_p.html

netprintの公式HP画像

ネットワークプリントサービス(ローソン・ファミマなど)

https://networkprint.ne.jp/sharp_netprint/ja/top.aspx

ネットワークプリントサービスの公式HP画像

それでも無理…という人は、親権者同意書と同じ内容を手書きで記入してもらえば大丈夫。手書きで同意書を書く場合の例をあげておきますね。

シースリー手書き同意書

何歳から契約できる?

18歳から契約できます。

予約時の未成年の方への注意事項に『17歳以下の方の施術につきましては、申し訳ございませんが王家致しかねます』って書いてありましたよね。17歳以下の人は施術NG =契約できるのは18歳から、ということになります。

親の同伴は必要?

カウンセリング予約画面に必要事項を入力していくと、未成年の場合は最後にこのような画面が出てきます。

シースリー未成年カウンセリング予約確認画面

「お母様との同時来店をする」にチェックを入れないと先に進めないようになっています。

現金一括で払う以外は親の同伴が必要です。分割にしたい人は親と一緒にカウンセリングに行かないといけないです。シースリーは女性専用なので、一緒に行くのはお父さんでなくお母さんにお願いしましょう。

どうしても同伴してもらえない、してほしくない人は他の脱毛サロンを選んだ方がいいかもしれません。

その他契約に関すること

支払い方法

現金とクレジットカードが使えますが、カードは18歳以上でないと作れないので、自分で現金で払うという人も多いんじゃないでしょうか。でも現金で一括払いはちょっと大金すぎますよね…。

月々定額制・後払い制を利用したいなら、初回にお母さんと一緒にお店に行く必要があります。

お母さんのカードで支払ってもらえる!という人も同様に同伴してもらって手続きをします。

シースリーは女性専用なので、一緒に行くのはお父さんでなくお母さんにお願いしましょう。

クーリングオフや中途解約は可能?

クーリングオフしたい場合は、シースリー本社宛にハガキなどの書面を送ることで可能です。契約書を受け取った日を含んだ8日以内が期限です。

シースリークーリングオフ申出書面の例

出典:シースリー公式HP(https://c-3-esthe.com/coolingoff/

↑クーリングオフの申し出書面の例

解約したいときは、シースリーの公式HPから問い合わせをすると、2営業日以内にメールか電話で返答が来ることになっています。

こんな人は施術を受けられません

下記に当てはまる人はシースリーで脱毛することはできません。事前に確認しましょう。

  • 光・紫外線アレルギー
  • 日光過敏症
  • 光過敏性てんかん
  • ペースメーカーを使用している
  • 後天性免疫不全症候群
  • 白斑・尋常性白斑がある

これで未成年の契約もOK!

親がいいって言ってくれないかも、と心配なあなた。お母さんも同じ女性同士、真剣に話したら脱毛の悩みをわかってくれるんじゃないかな。

未成年で契約をするのは少し不安かもしれません。でもご両親にきちんと話して親権者同意書を書いてもらえば大丈夫です。

困ったことやわからないことがあったら、カウンセリングの時にどんどん聞いてみましょう。

シースリーの関連記事