ミュゼプラチナム

【未成年でもOK!】ミュゼプラチナム同意書の書き方を画像付きで解説

未成年がミュゼで脱毛をするときに必要なもの

ミュゼのワキ脱毛100円!」こんな激安価格を見たら、10代女子も「ミュゼで脱毛やってみよっかな~」なんて思いますよね。でも未成年の契約ってどうやるんでしょう?

この記事では、未成年の皆さんがミュゼで契約するときに何が必要か、親の同伴について、同意書はどうしたらいいかなどをわかりやすく説明していきます。

未成年がミュゼで契約をするとき

未成年がミュゼで脱毛をするときに必要なものは、次の3つです。

  • 親権者同意書
  • 印鑑
  • 身分証明書

未成年で必ず必要になるのが、保護者の「同意書」です。同意書については後で詳しく説明しますね。それから身分証明書も必要ですが、学生さんなら車の免許証は持っていないかもしれませんから、健康保険証や学生証を持参しましょう。

契約をするには印鑑も必要です。

何歳から契約できる?

公式サイトで「何歳から」と明言はしていません。ただし『生理が順調にきていることが条件』となっています。

また、16歳以上でないと、ミュゼ独自の激安プラン「両ワキ美容脱毛完了コース」「両ワキ+Vライン美容脱毛完了コース」はできません。

なんと16歳未満の人は、キャンペーンで安くなる両ワキ美容脱毛完了コースが選べないんです!!若くてお金がないからこそ、安いキャンペーンで脱毛したいのに・・

そうは言っても仕方ないので、ミュゼで脱毛するなら16歳になってからの方がいいですよ!

ちなみに脱毛サロンの「キレイモ」なら、16歳未満でも学割でお得に脱毛できます。未成年でも保護者の同意さえあればOKなので、「16歳になるまで待てない!」という方はキレイモをチェックしてみてくださいね。

親権者同意書とは?

親権者同意書とは?

親権者とは、保護者「お父さん・お母さん」が一般的ですが、他にも祖父母であったり後見人がつとめる場合もあります。脱毛はお金もかかる契約であり、肌に触れて施術を行うので、未成年は必ず「親(あるいは親の代理となる人)」の同意が必要です。

同意書は、親が「うちの子がミュゼで脱毛すると理解してます、同意してます」と記入する書類です。これがないと、未成年は脱毛の施術が受けられません。

親権者同意書はミュゼの公式ページからダウンロードできます。

同意書のダウンロード

ダウンロードは次の4ステップ。

ミュゼ公式サイトを開き、無料カウンセリング予約ボタンをタップ

ミュゼ キャンペーンページ

②カウンセリング予約画面、下の方に未成年の契約についての注意が書いてあります。その中の「親権者同意書」をタップ。

ミュゼ カウンセリング予約画面

③タップすると親権者同意書についてのページに行きます。

ミュゼ親権者同意書

④そのまま下にいくと、親権者同意書のダウンロードボタンが出てきます。

ミュゼ同意書ダウンロードページ

プリントアウトして、親に記入してもらいましょう。たま~にですが「ええい、自分で書いちゃえ」とか友だちに書いてもらえばいいか、という人もいるんですがダメですよ!

万が一、肌にトラブルがあったり支払いで問題が起きた時に大変です。書く欄が多いわけでもないですし、保護者の方にきちんと話して記入してもらって下さいね。

同意書はここからもダウンロードできます

同意書のプリントアウトができない!?

ダウンロードしたものの、プリンターがなくてプリントできない時は近くのコンビニでプリントアウトしましょう。PDFにして、USBメモリにデータを入れていくか、ネットプリントアプリを利用すれば、簡単にプリントアウトできます。

コンビニにもよりますが、1枚10円程度です。下記はほんの一例です、ファミリーマートやサークルKなど、ほとんどのコンビニでプリントできます。

コンビニも近くにない!面倒くさい!という人は・・・同じような様式で親に手書きしてもらっても大丈夫です。でもプリントアウトした方が記入もラクですね。

同意書の書き方(手書き)

同意書の書き方ですが、下に記入例を載せてあるので参考にして下さい。

★同意書の書き方例文

ミュゼプラチナム同意書の書き方例

なんだか難しそうですが、大丈夫!記入するのは、親権者の氏名・住所・生年月日・連絡先と、契約者(つまり、未成年のあなたです)の氏名・住所・生年月日です。

その下の「特記事項」はチェックを入れなくても大丈夫です。特記事項は空欄でも問題ありません。

ハンコを押してもらうの(捺印)を忘れないようにして下さいね。

「同意書」を母親に書いてもらえない場合

様々な事情があってお母さんに書いてもらえない時には、成人しているお姉さんでも大丈夫です。父親でもいいのですが、ミュゼは女性専用のサロンですからお父さんはサロンの中に入れません。

この場合、お父さんに記入・捺印してもらい、当日はひとりでサロンに行きます。契約時に父親へ電話連絡がいきます。

親の同伴は必要?

親の同伴は必要?

結論から言えば、ミュゼは親の同伴がなくても契約できます

同意書を持参すれば大丈夫ですが、カウンセリングを受けるだけでなく契約をする時には親へ確認の電話がいきます。

事前に「今日、ミュゼに行ってくるから連絡くると思うよ」と話しておくと安心です。

親の同伴なしで契約するときの注意点

ひとりでミュゼで契約する時の注意点

  • 同意書は必ず必要
  • 契約の際に親に連絡がいく
  • クレジットカードでの支払いは親同伴が基本

お母さんのクレジットカードを使うなら、お母さんに同席してもらい、カードの支払いをしてもらいます。カード支払いはカード名義の保護者に付き添ってもらいましょう。

支払い方法に特に注意が必要ですね。現金でその場で支払うのなら問題ありません。ただし、クレジットカードを利用する場合、自分名義(または家族カード)でないと利用できません。

もし18歳未満の未成年なら

18歳未満の未成年でも、親の同伴なしでカウンセリングは受けられますし、同意書があれば契約もできます。とはいえ16歳以下でしたら、やはり保護者と一緒にミュゼに行くようにしたいですね。

中学や高校の友だち同士で「ミュゼ行ってみる?」なんて誘い合うこともあるかもしれません。でも契約はお金がからみますし、脱毛に関する様々な説明を受けます。

そもそも体に関することですから、まずご両親に相談するようにしましょう。

もしかしたら、ムダ毛で悩んでいるのはお母さんも同じかも!「だったら一緒に脱毛受けようかしら」となれば、支払いもお願いできちゃうし、ちょっと高いプランだってOKしてくれるかもしれませんよ~。

とにかくきちんと相談するのが大切です。

その他契約に関すること

無料のカウンセリングを受け、施術方法や料金プランの説明を受けて納得したら契約となります。ここからは、契約に関連する「カウンセリング予約」「支払い方法」「解約」などについて詳しく説明します。

未成年のカウンセリング予約について

公式サイトから「無料カウンセリング予約」をクリックします。

フォームが出てきたら、最初に「20歳以上ですか?」という質問をチェックします。そこで同意書持参などの説明が出てきますね。

未成年のカウンセリング予約

母親が同席する場合には、2人分のカウンセリング予約をチェックします。事前に同意書をプリントして、お母さんに記入しておいてもらいましょう。

支払い方法

ミュゼの支払い方法は2つです。

★ミュゼの支払い方法

  • 現金
  • クレジットカード(VISA・MASTER 他は店舗による)

現金については問題ないでしょう。クレジットカードは、未成年ですから自分名義のカードを持っていない場合、名義人の人に同席してもらわないと契約・支払いができません。

つまり、「お母さんのカードで払う」なら、お母さんに一緒にミュゼに来てもらうということです。

ミュゼは女性専用の脱毛サロンですから、お父さんはサロンに入れません。この場合には、サロン外で待ってもらい、支払いの手続きをしてくれるようです。

事前に「父親のカードで支払うこと」を伝えておきましょう。

クーリングオフと中途解約について

クーリングオフと中途解約について

ミュゼでは、もちろんクーリングオフができます。コールセンターに連絡し、クーリングオフをしたいと伝えましょう。中途解約でも返金制度があるので安心です。

ミュゼのクーリングオフや解約の制度ついては無料カウンセリング時にも確認できますが、ざっと理解しておけば母親に相談する時も説明ができます。

親にミュゼでの脱毛を同意してもらう為にも、返金や解約ができることをザックリでいいので理解しておくといいですね。

クーリングオフ

  • 金額が5万円以上
  • 1ヶ月以上の契約
  • 契約書を作成してから8日以内

クーリングオフは上記のような条件、期日があります。特に期日は8日以内と短いので、契約後、帰宅して「やっぱり、ちょっとこの支払いはできないかも」と思ったらスグにクーリングオフの手続きをして下さい。

ミュゼには全額返金保証もある

ミュゼの「両ワキ+Vライン美容脱毛完了コース」には全額返金保証がついています。

★全額返金保証の条件

  • 初めての「両ワキ+Vライン美容脱毛完了コース」の契約
  • 全額返金は1回限り
  • 契約日から1年以内

ただし、「両ワキ+Vライン美容脱毛完了コース」は16歳未満の未成年は利用できません。

返金システムについて

返金のシステムですが、原則として次のような計算方法になります。

支払い総額ー(1回あたりの料金×利用回数)=返金額

全身コースやキャンペーンのプランでは、施術1回の消化について細かい規則があります。心配なら、無料カウンセリングで詳しく説明してもらいましょう。

解約手数料はかからない!

解約手数料はかからない!

ミュゼは解約にあたって、解約手数料や違約金はかかりません。

こんな人は施術を受けられません

契約しても、次のようなケースでは施術を受けられません。また、持病によっては契約もできませんから、念のためチェックしておきましょう。

施術してもらえないケース

  • 予約開始時間を過ぎてから来店した人
  • 体調がすぐれない人
  • 脱毛する部位に日やけ止めやクリーム等を塗っている人
  • 脱毛する部位が日焼けしている人
  • 施術当日になんらかの薬を服用している人
  • 施術前後の12時間以内にアルコールを摂取している人
  • 1ヶ月以内に挙式予定(ウェディングフォトの撮影予定も含む)
  • 生理中のデリケートゾーンの施術

持病がある人

  • 癌を患っている・患ったことがある人
  • 内臓系疾患(感染病・糖尿病・心臓病など)
  • アルコール依存症の人
  • ペースメーカーを使用している人
  • てんかんの症状がある人
  • ケロイド体質の人
  • 光アレルギー、過敏症の人
  • 通院中の人

これで未成年の契約もOK!

今や高校生、10代で初めて脱毛をする女子も少なくありません。お母さんの世代も、脱毛を経験している人が増えていますから、話してみたら「あっさりOKが出た」なんて口コミも多いですよ。同意書の記入も簡単です。

↓ミュゼで初めて脱毛するなら、この記事が役に立ちます!

ためらっているうちに、ライバルのあの子が脱毛してお肌ツルツルになっちゃってるかも!?とりあえず、親にムダ毛の悩みを相談しながら、同意書を用意して脱毛サロンに行きたいことを相談してみてはどうでしょう?

ミュゼ関連記事