顔脱毛

鼻下脱毛おすすめはコレ!コスパ、効果、回数、持続力で徹底比較!!

鼻下脱毛徹底研究

デートのときの化粧直しで「鼻のしたにヒゲが生えてる!!」と、青ざめたことはありませんか?鼻下のムダ毛処理って意外と忘れがちなんですよね。

そこで、鼻下のみ・または顔全体を脱毛できる脱毛サロンで、特に安いものをランキングにしました!

鼻下・顔脱毛の安い順ランキング

順位 脱毛サロン 鼻下脱毛1回 顔全体の脱毛1回
1位 2,000円 10,000円(*1)
2位 ディオーネ
ディオーネ
2,500円 7,000円
3位 ジェイエステ
ジェイエステ
2,500円 7,500円

*1…1回単発脱毛プランから鼻下、小鼻、あご周り、おでこを選択した場合

鼻下脱毛だけなら、脱毛ラボが最安。脱毛ラボの、気になるパーツだけを選べる「1回単発脱毛プラン」を利用すれば、鼻下だけを1回2,000円で脱毛できます。

顔全体の脱毛は「ディオーネ」が最安。ディオーネの顔脱毛は、次の3つの理由でオススメです。

CHECK
ディオーネ顔脱毛のポイント
  • 3歳から脱毛できるほど、痛みがない
  • 唇とまぶたを除く顔全体が脱毛可能
  • 美肌効果が期待できる

また、今ならキャンペーン価格の3,240円で顔脱毛を体験できます!美肌効果があると噂のディオーネの顔脱毛を試してみてはいかがでしょうか?

この記事でわかること

  • 自分にピッタリの脱毛方法
  • セルフ脱毛のメリット・デメリット
  • 脱毛施術のメリット・デメリット
  • 自己処理とお店の脱毛、どっちがいいか
  • 鼻下脱毛におすすめのサロン
  • 脱毛についてのお悩み解消

いろいろ調べた結果、筆者が通うならココ!

鼻下脱毛10選!コスパ、リスク、持続性など、気になるポイント比較!

セルフ脱毛VS脱毛サロン・クリニックの脱毛施術、結局どっちがいいの?

「セルフ鼻下脱毛」のメリット・デメリット

脱毛サロン・クリニック脱毛のメリット・デメリット

どうしてもセルフでやりたいのならば…

女性用ひげ(うぶ毛)スキンケアクリーム「NOISU(ノイス)」

パナソニック フェイスシェーバー「フェリエ」

<徹底比較>鼻下脱毛のサロン・クリニックの選び方

脱毛サロンとクリニック、どっちがいいの?

脱毛サロン・クリニックを徹底比較!鼻下脱毛のプランや料金について

「鼻下だけ脱毛」or「他の部位と合わせて脱毛」どちらを選ぶべき?

お得な鼻下脱毛には、トライアルやお試しコースを利用!

ジェイエステティック

エピレ

ディオーネ

<徹底比較>鼻下脱毛の脱毛方式の選び方

脱毛の種類は「光脱毛」「医療レーザー脱毛」「蓄熱式脱毛」の3つ

クリニックの「レーザー脱毛」

脱毛サロンの「光脱毛」

脱毛サロン・クリニックの両方で行われる「蓄熱式脱毛」

それぞれの「脱毛方式」を比較

脱毛方式別「脱毛完了までの回数」一覧

脱毛方式別「施術間隔の最短期間」一覧

脱毛サロン・クリニック別「脱毛方式」一覧

自分にピッタリな鼻下脱毛ができるのはどこ?

お金をかけたくない!とにかく安い脱毛方法を選びたい

忙しい社会人におすすめ!とにかく少ない回数で終わらせたい!

短期集中!短い期間で脱毛完了したい!

痛いのはイヤ!痛みのない方法で脱毛したい!

脱毛前の不安について

鼻下脱毛の写真つき体験談

鼻下脱毛に通う前の疑問にお答え

鼻下を脱毛中の人へアフターケアなど疑問にお答え

鼻下脱毛のまとめ

いろいろ調べた結果、筆者が通うならココ!

鼻下脱毛に通うならディオーネ

先に結論から言いますと…

私が「通いたい!」と思ったのは「ディオーネ」。

  • 金額が安い
  • 痛みがほぼない
  • 短い間隔で通える
  • 頑張り次第では最速で脱毛完了が可能

というのが、選んだ理由です。

多分、いつも何かしらのキャンペーンはやっているとは思いますが、2月28日までなら顔脱毛体験のキャンペーンが実施されています

ディオーネのキャンペーン

このキャンペーンでは、なんと利用者の92.7%が満足したという、3歳から受けられる全く痛みのない顔脱毛の施術が体験できます。

ちなみに、ディオーネでは唇とまぶたを除く、顔のほぼ全体の脱毛OK。

さらに、エステ級の美肌効果があると評判の「フォト美顔」と、美容液をたっぷり使ったアフターケアが受けられるという贅沢な内容です。

脱毛で、ハリとうるおいがアップして美肌になれるなんて最高ですよね!

キャンペーンの料金は、通常7,000円のところ、半額以下の3,000円。鼻下脱毛を考えているのなら、このキャンペーンは逃したくないかも。

それでは、私がこの結論に行き着くまでの調査結果をご報告いたします!

鼻下脱毛10選!コスパ、リスク、持続性など、気になるポイント比較!

鼻下脱毛方法10選

まずは、鼻下脱毛の方法をコストやリスク、持続性などの面で比較します。

方法 場所 コスト 仕上がり リスク 持続性
剃る シェービング
剃る
自宅 〇 年3,000円 × 黒ゴマ状に残る × 肌荒れ(赤み・乾燥) 埋没毛 × 2~3日
抜く 毛抜き
抜く
〇 年数百円 × 痛み 埋没毛 毛嚢炎 鳥肌状のブツブツ × 1週間ほど
脱毛テープ
脱毛テープ
年1,000円 × 痛み 埋没毛 鳥肌状のブツブツ 3週間ほど
抑毛ローション
抑毛ローション
月5,000円 × すぐには変化なし △ 即効性がない 効果に個人差あり 個人差あり (効果なしの場合も)
脱毛クリーム
脱毛クリーム
月4,000円 × かぶれ・赤み 炎症 1週間ほど
家庭用脱毛器
家庭用脱毛器
年80,000円 △ やけどの恐れ △ やけどの危険 永久脱毛は難しい 2週間ほど
ブラジリアンワックス(お店)
ブラジリアンワックス
お店 月7,000円 △ 肌に負担 × 痛み 赤み・かゆみ ヒリヒリ感 2~3週間
脱毛サロン
脱毛サロン
1回2,000円 △ 痛み 赤み 硬毛化・多毛化 3週間ほど
医療脱毛
医療脱毛
1回3,500円 △ 痛み 高額 やけど、毛嚢炎 硬毛化・多毛化 3カ月
ニードル脱毛(針)
ニードル脱毛
10,000円 × 強い痛み 高額 施術に時間がかかる 1カ月

やはり、自己処理のほうがお店の脱毛と比べてコストが安いことがわかります。ただし、効果がより長く続くのはお店の脱毛です。

また、痛みという点では、

【痛くない】脱毛サロン・自己処理 < 医療脱毛 < ニードル脱毛【痛い】

といった感じになります。そして、効果が高いものには、比較的痛みが強いものが多い傾向にあるんですよね。

セルフ脱毛VS脱毛サロン・クリニックの脱毛施術、結局どっちがいいの?

鼻下脱毛はセルフとサロン・クリニックどちらがいい?

自宅で行う鼻下の「セルフ脱毛」と、脱毛サロンなどで行う「脱毛施術」の2つに分けて、どちらがよりお得で効果的なのかを比較してみました。

「セルフ鼻下脱毛」のメリット・デメリット

「セルフ鼻下脱毛」のメリット・デメリット

セリフ脱毛のメリットは、自分の都合に合わせていつでも処理ができること。自宅では主に下記のようなアイテムを使うことで脱毛を行います。

  • カミソリ
  • 毛抜き
  • 脱毛テープ
  • 抑毛ローション
  • 脱毛クリーム
  • 家庭用脱毛器

 

家庭用脱毛器は別として、そのほかは手頃な金額で手に入れられるし、即効性のあるお手入れが可能です。

なかでも、カミソリや毛抜きはほとんどの人が自宅に常備していますよね。

ただし、自己処理はどの方法も効果の持続期間が短いため、頻繁に処理する必要があるんです。だから、うっかり処理を忘れて恥ずかしい思いをすることも…。

でも、それよりも注目したいデメリットは、「自己処理が肌に与える負担が大きい」ということ。

セルフ脱毛では、「色素沈着で鼻下が青くなる」ケースや、「埋没毛ができる」リスクがあります。

「自己処理で鼻下が青くなる」という恐ろしい都市伝説は、どうやら本当のようです。

鼻下が青く見えるのは、毛の濃い人では剃った毛の断面が透けて見えることが主な原因ですが、自己処理のしすぎで青く色素沈着してしまうこともあります。

また、埋没毛と呼ばれる「抜けきらなかったムダ毛」が肌のなかでとぐろを巻くことで、それが青く見えるというケースも…。

せっかく頑張って自己処理しているのに、鼻下に黒ゴマのようにブツブツと毛が残ったり、鳥肌のように肌自体がブツブツになるくらいなら、鼻下にうぶ毛が生えている方がよっぽどマシな気がします。

脱毛サロン・クリニック脱毛のメリット・デメリット

脱毛サロン・クリニック脱毛のメリット・デメリット

個人的に鼻下が青くなるのだけは勘弁してほしいので、自己処理はナシ!そうすると、「脱毛施術」を行ってくれる脱毛サロンとクリニックの二択になります。

もちろん、鼻下が青くならないところも魅力ですが、脱毛サロンやクリニックで脱毛することの最大のメリットは、「減毛効果」

繰り返すことで、だんだんと濃くなるといわれている自己処理とは逆に、脱毛施術の場合は回数を重ねるうちに少しずつ毛が薄くなっていきます。

そして、個人差はありますが、2~3カ月に1回のペースで通った場合、サロンで12~18回、クリニックでも5~6回ほどで、その後は鼻下の産毛がほぼ生えてこなくなるんです。

毛が生えてこなくなるということは、当然毛穴も不要になります。だから、毛穴がしまって目立たなくなるという美肌効果も期待できるのがうれしいですね。

デメリットとしては、鼻下のみでも脱毛完了までに3万円~5万円前後の費用がかかること。

あとは、サロンのスタッフとはいえ、他人に自分のムダ毛を見せることにも少し抵抗があるという人もいるのではないでしょうか。

お店によっては、予約が取りにくいという声も聞きますね。

でも、自己処理の場合は、鼻下脱毛を一生続けていく必要がありますが、サロンやクリニックの施術であれば、脱毛が完了してしまえば、そのあとのお手入れは不要になるんです。

初期投資は少し割高かもしれませんが、自己処理を一生続けることを考えると、最終的には脱毛をプロに任せた方が安く済むような気もします。

どうしてもセルフでやりたいのならば…

セルフ脱毛のアイテム

調べれば調べるほど、自己処理のお肌への負担の大きさが気になります。

しかも、セルフ脱毛は長く続けることで、毛穴が目立ちやすくなったり、青々としてしまったり、鳥肌のようにブツブツしてしまったりと、いろいろなリスクも。

私は幸いまだそういう状態になっていませんが、このまま自己処理を続けているといつか青々としてしまう日が来るのかもと思うと、生きた心地がしません…(汗)。

だから、調べていて負担が少なく、一度完了すれば、その後は処理が不要になる脱毛サロンやクリニックの方がいいかもと思いました。

というか、早く自己処理を卒業しなくてはとちょっと焦りを感じています。

それでも、「あまり脱毛にお金をかけたくない」、「やっぱり不安だから自己処理でいい」という人もいると思うので、そんな人におすすめの商品をご紹介します。

なるべく肌への負担が少ないものを厳選しています。

女性用ひげ(うぶ毛)スキンケアクリーム「NOISU(ノイス)」

女性用ひげ(うぶ毛)スキンケアクリーム「NOISU(ノイス)」

NOISUは脱毛というよりは、抑毛に近い効果のスキンケアクリームです。1日2回、鼻下の気になる箇所になじませるだけの簡単お手入れ。

カミソリや除毛テープのように肌への負担もなく、化粧品のように肌を整えてくれるところがポイントです。

即効性はないみたいですが、単品購入でも30日間は返品できるというところに、商品の効果への自信が感じられますよね。

使い切っても返品できるそうなので、試して損はないかもしれません。

パナソニック フェイスシェーバー「フェリエ」

パナソニック フェイスシェーバー「フェリエ」

「今すぐうぶ毛をどうにかしたい!」という場合には、電気シェーバー一択。

カミソリと違って、直接、刃が当たらないので、肌への負担が少ないのがいいですよね。

自己処理は失敗すると、お肌に傷を付けてしまうこともあります。私もたまにやりますが、鼻下の傷は相当目立ちます。そして痛痒いです…。

パナソニックの電気シェーバーではお肌を傷つけるような心配はないので、安心して処理することができます。

価格も2,000円を少し超えるくらいなので、お財布にも優しいですね。バッグに常備できる大きさというのも◎。

<徹底比較>鼻下脱毛のサロン・クリニックの選び方

鼻下脱毛のサロン・クリニックの選び方

自己処理を続けるのはお肌への負担が大きそうなので、私は脱毛サロンかクリニックの脱毛のほうがよいと思いました。

そこで、脱毛サロンとクリニックのどちらがよいのか、特徴などを徹底的に調査してみました。

脱毛サロンとクリニック、どっちがいいの?

脱毛サロンとクリニックの医療脱毛をまず大雑把に比較してみます。

施術場所 完了までの期間 料金 産毛に強いか 痛み
クリニック (医療脱毛) 〇 短い × 高い ○ 普通 × 痛い
脱毛サロン × 長い 〇 安い △ 効果が出にくい △ 少し痛い~痛みなし

脱毛サロンは痛みが少なく、料金もリーズナブルですが、効果はそれほど高くありません。

一方、クリニックは脱毛サロンに比べると痛みが強く、料金は割高ですが、効果が感じられやすいという違いがありました。

ただし、脱毛サロンだから、クリニックだからと一概に比較できるものではなく、プランやコースによって料金も効果も対象部位も異なります。

脱毛サロン・クリニックを徹底比較!鼻下脱毛のプランや料金について

鼻下脱毛のプランや料金

効果も気になりますが、もっと気になるのは、やはり料金。

脱毛サロンやクリニックの「鼻下脱毛」と、「鼻下を含む脱毛コース」の内容と料金を比較していきましょう。

サロン/クリニック名 鼻下脱毛 のみの料金 (1回分) 鼻下脱毛を含むプラン(1回分)
コース名 脱毛範囲 料金 (税抜)
ディオーネ
ディオーネ
2,500円 お顔全体 顔全体(瞼・唇以外) 7,000円
ジェイエステ
ジェイエステ
2,500円 フェイス6プラン 顔全体 7,500円
epiler
エピレ
3,000円 フェイス・5プラン 顔全体 13,600円
脱毛ラボ
脱毛ラボ
2,000円 選べる部分脱毛24ヶ所 全身脱毛(24カ所) 13,127円
ストラッシュ
ストラッシュ
2,667円 全身脱毛 全身脱毛(61カ所) 15,960円
ラココ
ラココ
3,000円 全身脱毛 全身脱毛(51カ所) 13,800円
レジーナ
レジーナ
5,400円 顔脱毛 おでこ、頬、鼻下、あご 19,200円
リゼ
リゼ
5,519円 顔全体 顔全体 18,481円
クレアクリニック
クレアクリニック
5,100円 美顔脱毛 顔全体 18,300円
アリシア
アリシア
3,300円 全顔脱毛セット 顔全体 28,860円
湘南美容
湘南美容
5,620円 フェイス 顔全体 10,500円
銀座カラー
銀座カラー
2,625円 顔セット 顔全体 7,225円
キレイモ
キレイモ
スリムアップ全身脱毛 全身脱毛(33カ所)

19,000円

C3
C3
全身脱毛 全身脱毛(53カ所) 35,000円
コロリー
コロリー

フェイシャルケア

(トライアル)

顔全体 4,630円

※2018年8月更新

鼻下のみであれば、1回あたり2,500円から6,000円ほどと、思ったよりもリーズナブルな料金で脱毛することが可能です。

ただ、調べてみると、はじめての脱毛であれば特別なキャンペーンがあるところも多いし、鼻下のみよりも他の部位とセットで脱毛したほうがお得なことも多いんですよね。

「鼻下だけ脱毛」or「他の部位と合わせて脱毛」どちらを選ぶべき?

「鼻下だけ脱毛」or「他の部位と合わせて脱毛」どちらを選ぶべき?

他の部位を組み合わせた方がお得とはいっても、やはり鼻下脱毛単品のほうが料金は安く済みます。

どっちがいいのか比べるために、料金以外の判断基準を探ってみました。

完全に鼻下のみを脱毛した場合、当然ですが、ほほやおでこ、もみあげ、あごなどの産毛はそのまま残ります。

顔は脱毛によってワントーン肌の明るさがアップするといわれているので、鼻下だけが明るくなっても、あまり顔全体の印象が変わらない可能性があります。

脱毛施術のメリットでよく挙げられる「お化粧のノリの良さ」や「毛穴の引き締め効果」も鼻下だけでは、あまり効果が実感できないかもしれません。

また、鼻下だけやってみて、よかったから他も!と思うようであれば、最初から顔全体のプランを選んだ方が総額で考えると安いんですよね。

ただし、下記のケースでは鼻下のみの脱毛も有効です。

  • 鼻下だけ異様に毛が濃く青い
  • 鼻下の毛穴が目立つ
  • 鼻下に産毛レベルではない黒い毛が生えている
  • 更年期などで鼻下の毛だけ濃くなってしまった

もし、将来的に他の部位の脱毛も考えているのであれば、最初から複数の部位がセットになった脱毛コースを選んだ方が確実にお得です。

お得な鼻下脱毛には、トライアルやお試しコースを利用!

脱毛サロンやクリニックのページを見ていると、期間限定のキャンペーンやトライアルをやっているところが多いんですよね。

ただ、キャンペーンの対象になっているのは、鼻下脱毛単品ではなく、顔全体といったセットのプランばかりなんです。

つまり、セットで申し込んだ方がキャンペーンも利用できてお得ということ。

そこで、鼻下が含まれるキャンペーンやトライアルプランを探してみました。

ジェイエステティック

ジェイエステティックの顔脱毛キャンペーン

ジェイエステティックには、6カ所の顔脱毛が2回5,000円で受けられるお試しプランがあります。通常は1回7,500円のプランなので、 8,000円もお得。

2回も体験できれば、多少は効果が感じられると思います。

エピレ

エピレの顔脱毛キャンペーン

エピレにも「はじめて割」があって、通常は1回あたり14,688円のところ、3,000円でお試しすることができます。しかも、こちらも2回受けられます。

さらに、「フェイス・5脱毛」の6回コースを申し込むと、ファーストプランは無料となりますので、6回が8回になるというのはいいですねす。

ディオーネ

ディオーネのキャンペーン

ディオーネでも、お得な脱毛体験を行っています。通常、1回7,000円なので、4,000円お得になるということですね。

他のところにはない、「うるツヤ美顔」という言葉がインパクト大!脱毛もできて、美肌にもなれるなんて一石二鳥ですよね。

それに、ディオーネは「全く痛くない脱毛」で有名ですが、体験に申し込めば本当に痛くないのか、申込み前に確かめることができます。

<徹底比較>鼻下脱毛の脱毛方式の選び方

鼻下脱毛の脱毛方式の選び方

トライアルやキャンペーンを利用することで、お得に脱毛できるだけでなく、申込み前に脱毛施術が体験できるのは安心ですよね。

どこのキャンペーンがいいかを見ているうちに、ふと「脱毛サロン」「クリニック」という業態以外にも、違いがあることに気づきました。

実は、脱毛施術には大きく分けて、3つの種類があったんです。

それぞれの特徴や選び方について、深掘りしていきます。

脱毛の種類は「光脱毛」「医療レーザー脱毛」「蓄熱式脱毛」の3つ

3つの脱毛種類

脱毛サロンとクリニックが行う脱毛は、「光脱毛」「医療レーザー脱毛」「蓄熱式脱毛」の3つに大きく分けられます。

それぞれのメリット・デメリットをまとめてみました。

クリニックの「レーザー脱毛」

クリニックの「レーザー脱毛」

クリニックの強みは、医療機関である安心感と、強力な医療機器を使用した施術ができること。

強力なレーザー照射が可能なので、効果が出やすく完了までの回数も少なくすみます。

ただし、強力な分痛みが強く、料金も割高になってしまうというのがデメリット。

そして、脱毛サロンに比べると数が少ないので、自宅から通いやすい場所にクリニックがない可能性もあります。

クリニックが通いやすい場所にあって、痛くても高くてもいいから、とにかく安全に早く脱毛したいという人にはクリニックの医療レーザー脱毛がおすすめです。

脱毛サロンの「光脱毛」

脱毛サロンの「光脱毛」

脱毛サロンではフラッシュ脱毛器を使用して、光脱毛を行います。「IPL脱毛」と「SSC脱毛」の2つの方法があります。

IPL脱毛は、皮下の毛根に光でダメージを与え、組織を破壊する脱毛方法。施術では輪ゴムではじいたような軽い痛みが伴います。

それに対して、抑毛ジェルの上から照射することで皮膚に浸透させて、毛の成長を抑えるのがSSC脱毛。

IPL脱毛と比べると痛みが少なく、さらに肌に優しいといわれています。また、鼻下の場合は産毛なので、SSC脱毛の方がより効果が出やすいでしょう。

ただし、どちらの方法でもクリニックに比べると即効性は低く、冷たいジェルを使用するので、体が冷えるという声も聞きます。

脱毛サロン・クリニックの両方で行われる「蓄熱式脱毛」

脱毛サロン・クリニックの両方で行われる「蓄熱式脱毛」

蓄熱式脱毛は、脱毛サロン・クリニックの両方で行われている脱毛方法で、毛に栄養を送る細胞にダメージを与えて弱らせる脱毛法です。

医療用レーザーや従来の光脱毛が、成長期の毛にしか効果がないのに対し、蓄熱式脱毛は毛の周期に影響を受けず、全ての毛に効果があるため、脱毛完了までの期間が短くなるというメリットがあります。

さらに蓄熱式脱毛は、ほかの脱毛方法と比べると肌への負担がより少なく、痛みもほとんどありません

また、クリニックの医療レーザー脱毛のような硬毛化、増毛化といったリスクもないのがうれしいところ。そして、価格もお手頃なのも良いですよね。

ただし、蓄熱式脱毛の場合は、毛が抜けるまでに施術してから2~3週間かかります。すぐに効果が欲しいという場合には他の方法がよいかもしれません。

また、最近はじまったばかりの新しい脱毛方法なので、導入している脱毛サロンやクリニックが少ないというデメリットもあります。

それぞれの「脱毛方式」を比較

「脱毛方式」を比較

さらに、「光脱毛」「医療レーザー脱毛」「蓄熱式脱毛」は、使用する脱毛機によって脱毛方式に違いがあります。それぞれ、特徴やリスクに違いがあります。

脱毛種類 光脱毛 蓄熱式脱毛 医療用レーザー脱毛
脱毛方式 IPL脱毛 SCC脱毛 ハイパースキン バルジ式(SHR)脱毛 アレキサンドライトレーザー ダイオードレーザー ヤグレーザー
ジェルの使用 あり あり あり ※ホットジェル あり ※ホットジェル なし あり なし
痛み △ 多少ある 〇 少ない ◎ ほぼなし ◎ ほぼなし 〇 痛みが少ない △ 少し痛い × 痛みが強い
効果の有無・強さ 脱毛 △ 少し弱め △ 少し弱め △ 少し弱め △ 少し弱め ◎ 強い 〇 普通 △ 少し弱め
産毛 △ 効果が薄い 〇 普通 ◎ 強い ◎ 強い △ 効果が薄い ◎ 強い △ 効果が薄い
美容 ◎ シミ、黒ずみ ◎ 美肌効果 ◎ ハリ、赤ら顔改善 × なし ◎ シミ、ニキビ × なし × なし
肌への負担 〇 少ない 〇 少ない ◎ ほぼなし ◎ ほぼなし 〇 少ない △ 比較的少ない × 大きい
向いている人 肌が黒くない人 肌の弱い人 3歳からOK すべての人 肌の白い人 多少肌が黒くてもOK 肌の黒い人

この結果から、鼻下のうぶ毛には「ハイパースキン脱毛」と「バルジ式(SHR)脱毛」が一番向いているということが分かります。どちらも、「蓄熱式脱毛」です。

「蓄熱式脱毛」の場合は、痛みもなく、肌への負担が少ないというのもおすすめポイントになります。

いくら効果が高かったとしても、痛みの強い施術だと通い続けるのはつらいですよね。

脱毛方式別「脱毛完了までの回数」一覧

脱毛完了までの回数

うぶ毛には「蓄熱式脱毛」が向いているということが分かりましたが、痛みが少ないと効果も弱いのではないかと不安になりますよね。

そこで、脱毛方式ごとに、脱毛完了までにどのくらいの回数通う必要があるのかを調べてみました。回数は、毛量によっても差がでます。

  光脱毛 蓄熱式脱毛 医療用レーザー脱毛
脱毛方法 IPL脱毛 SCC脱毛 ハイパースキン バルジ式(SHR)脱毛 アレキサンドライト ダイオード ヤグ
毛量 普通 多い 普通 多い 普通 多い 普通 多い 普通 多い 普通 多い 普通 多い
施術回数ごとの効果 1回 × × × × × × × × × × ×
3回 × × × × × × × ×
6回 × ×
8回 ◎ 完了 ◎ 完了 ◎ 完了
9回 ◎ 完了 ◎ 完了 ◎ 完了
12回 ◎ 完了 ◎ 完了 ◎ 完了 ◎ 完了
18回 ◎ 完了 ◎ 完了 ◎ 完了 ◎ 完了
20回

脱毛の回数で見ると、やはり強力な医療レーザーが少ない回数で効果が高いことがわかります。ただし、強力であるということは、お肌への負担も大きいということ。

そのため、医療用レーザーの施術では、連続して施術を行うことができません。間隔をあけて通う必要があるんです。

脱毛完了までの施術回数 × 最短の施術間隔 = 脱毛完了までの期間

ということになります。

脱毛方式別「施術間隔の最短期間」一覧

脱毛完了までの回数がいくら少なかったとしても、通える頻度が高くなければ、脱毛完了までの時間は長くなります。

そこで、次に最短でどのくらいの間隔で通えるのかを調査しました。

脱毛種類 光脱毛 蓄熱式脱毛 医療用レーザー脱毛
施術間隔(最短) 2~3カ月 2週間 2~3カ月

光脱毛、医療用レーザー脱毛では、成長期の毛にのみ効果があるため、毛周期に合わせて通うのが一番効果的といわれています。

だから、2~3カ月おきに通うのが一番効果的なんですね。

一方、蓄熱式脱毛ではどの時期でも関係なく、すべての毛に効果があります。そのため、毛周期に合わせる必要がなく、お肌の負担を考えて2週間に1度通うことが可能なんです。

つまり、医療用レーザー脱毛では、

8回 × 2カ月 = 16カ月(1年4カ月)

同じ条件で毛量が多く無い場合の蓄熱式では、

12回 × 2週間 = 24週間(約5カ月半)

と、脱毛完了までの期間に結構差がありことが分かります。

短期間に集中して通うことができる人であれば、蓄熱式脱毛が一番早く脱毛完了できるということです。

脱毛サロン・クリニック別「脱毛方式」一覧

脱毛サロン、クリニック別「脱毛方式」

痛みもなく、短期間で脱毛が完了できる蓄熱式脱毛の施術は、どこのお店で受けられるのでしょうか。

各脱毛サロン、クリニックが採用している脱毛方式を調べてみました。

サロン/クリニック名 脱毛方式
ジェイエステ
ジェイエステ
IPL脱毛(冷光ヒアルロン酸スーパー脱毛)
epiler
epiler
IPL脱毛
脱毛ラボ
脱毛ラボ
SCC脱毛
ディオーネ
ディオーネ
ハイパースキン脱毛
ストラッシュ
ストラッシュ
バルジ式(SHR)脱毛
ラココ
ラココ
バルジ式(SHR)脱毛
レジーナ
レジーナ
医療レーザー脱毛 (アレキサンドライトレーザー、ダイオードレーザー)
リゼ
リゼ
医療レーザー脱毛 (ダイオードレーザー、ヤグレーザー)
クレアクリニック
クレアクリニック
医療レーザー脱毛(ダイオードレーザー)
アリシア
アリシア
医療レーザー脱毛(ダイオードレーザー)
湘南美容クリニック
湘南美容クリニック
医療レーザー脱毛 (アレキサンドライトレーザー、バルジ式脱毛、ダイオードレーザー)
銀座カラー
銀座カラー
IPL脱毛
キレイモ
キレイモ
IPL脱毛
C3
C3
IPL脱毛
コロリー
コロリー
SCC脱毛

鼻下脱毛に向いているのは「蓄熱式脱毛」。一覧のなかで、蓄熱式脱毛を採用しているのは、「ディオーネ」「ストラッシュ」「ラココ」の3つです。

ただし、総合的に「蓄熱式脱毛」が鼻下脱毛に良いというだけで、優先順位の付け方によっては、違う方法の方がおすすめの場合もあります。

自分にピッタリな鼻下脱毛ができるのはどこ?

自分にピッタリな鼻下脱毛ができるのはどこ?

どこの脱毛施術が自分に一番合うのかというのは、何を重要視するかによって変わってきます。いくつかの項目に分けて考えてみましょう。

お金をかけたくない!とにかく安い脱毛方法を選びたい

鼻下のみの脱毛で1回が3,000円以下なのは、この6つ。

サロン/クリニック名 鼻下脱毛 のみの料金 (1回分) 鼻下脱毛を含むプラン(1回分)
コース名 脱毛範囲 料金 (税抜)
脱毛ラボ 1,500円 選べる部分脱毛24ヶ所 全身脱毛(24カ所) 13,127円
ジェイエステティック 1,800円 フェイス6プラン 顔全体 7,500円
ディオーネ 2,500円 お顔全体 顔全体(瞼・唇以外) 7,000円
銀座カラー 2,625円 顔セット 顔全体 7,225円
ストラッシュ 2,667円 全身脱毛 全身脱毛(61カ所) 15,950円
エピレ 3,000円 フェイス・5プラン 顔全体 13,600円
ラココ 3,000円 全身脱毛 全身脱毛(51カ所) 13,800円

※2018年8月更新

一番安いのは脱毛ラボですが、私がおすすめしたいのは、ディオーネ。それはディオーネには顔脱毛のプランがあるからです。

鼻下のみの脱毛をしようと決めていても、カウンセリングの結果、やはり顔全体の脱毛をしたくなる可能性もあると思います。

そんなとき、脱毛ラボでは全身脱毛という選択肢しかありません。顔だけと全身では、料金も1回あたり2倍ほど違います。

また、ディオーネのSHR脱毛の方が痛みも少なく、鼻下のうぶ毛の脱毛に向いているからという理由もあります。

忙しい社会人におすすめ!とにかく少ない回数で終わらせたい!

完了までかかる回数は脱毛方法によって大きく異なります。医療レーザー脱毛の方が光脱毛よりは効果が高く、回数も少なく完了することができるのです。

  光脱毛 蓄熱式脱毛 医療用レーザー脱毛
脱毛方法 IPL脱毛 SCC脱毛 ハイパースキン バルジ式(SHR)脱毛 アレキサンドライト ダイオード ヤグ
毛量 普通 多い 普通 多い 普通 多い 普通 多い 普通 多い 普通 多い 普通 多い
施術回数ごとの効果 1回 × × × × × × × × × × ×
3回 × × × × × × × ×
6回 × ×
8回 ◎ 完了 ◎ 完了 ◎ 完了
9回 ◎ 完了 ◎ 完了 ◎ 完了
12回 ◎ 完了 ◎ 完了 ◎ 完了 ◎ 完了
18回 ◎ 完了 ◎ 完了 ◎ 完了 ◎ 完了
20回

忙しくてあまり頻繁に通いたくない。早く終わらせたいという人には医療レーザー脱毛をおすすめします。

鼻下のみでいいのであれば、アリシアクリニックが一番安く、顔全体の脱毛は湘南美容クリニックがもっともお得です。

短期集中!短い期間で脱毛完了したい!

短い期間で終わらせたいという人にはSHR脱毛がおすすめです。

脱毛種類 光脱毛 蓄熱式脱毛 医療用レーザー脱毛
施術間隔(最短) 2~3カ月 2週間 2~3カ月

新しい光脱毛の方法なので、導入しているサロンが少ないのが難点ですが、お肌への負担も少ない脱毛方法で、最短6カ月ほどで脱毛完了できます。

それは、他の方法よりも短い間隔で頻繁に通うことができるからです。

間隔が短い分、通うのは大変かもしれませんが、早く脱毛完了できるのはうれしいですよね。痛みもほぼないので、通うのも憂鬱にならなそうで◎。

蓄熱式脱毛を採用しているのは、「ディオーネ」「ストラッシュ」「ラココ」の3つ。

鼻下のみか、顔脱毛のみであれば、ディオーネがおすすめですが、全身まとめてやりたい場合はストラッシュとラココの方が安く脱毛できます。

痛いのはイヤ!痛みのない方法で脱毛したい!

一番痛みが少ないといわれているのは、SHR脱毛です。

他の方法はパチンと輪ゴムで弾くような痛みがあるというものが多いのですが、SHR脱毛の場合は温かさを感じる程度。

やっぱり、痛いとだんだん通うのが憂鬱になるもの。痛みが少ない施術というのは気持ちの面でのメリットが大きいと思います。

鼻下のみであれば、一番安いディオーネ一択ですね。

脱毛前の不安について

脱毛前の不安

ここまで多くの情報を集めてきましたが、それでも、サロンやクリニックは初めて通う人にとっては不安もいっぱいだと思います。

  • 毛深いけど大丈夫なの?
  • 怖くない?
  • やけどとか大丈夫なの?
  • 恥ずかしくないの?
  • 痛くないの?

はじめてのことは誰でも不安になると思いますが、サロンやクリニックのスタッフはプロ。これまでたくさんの施術を経験しています。

だから、初めての人にも「怖い」「恥ずかしい」と感じさせないように、いろいろな気遣いや工夫をしてくれるのです。

また、毛深いタイプであっても、回数を重ねていけば確実に脱毛は完了します。

痛みを伴う施術も、輪ゴムではじいたような一瞬の刺激程度。万が一、やけどしてしまっても、スタッフがしっかりとケアしてくれるので安心です。

それに、お申し込み前には必ずカウンセリングの時間があるので、そのときにほとんどの不安が解消できます。

不安に思うことがあれば、すべてカウンセリングのときに解消しておきましょう。

鼻下脱毛の写真つき体験談

脱毛サロンで実際に鼻下脱毛を経験した女性の体験談を紹介します。

脱毛前後の写真を掲載していますので、ぜひチェックしてみてくださいね。

鼻下脱毛に通う前の疑問にお答え

鼻下脱毛のQ&A

ここまでの説明を読んでも、実際にやってみないと不安なことってありますよね。そこで、鼻下脱毛についての不安や疑問にお答えしていきます。

ラココの質問女性
本当に痛みはないの?
回答

脱毛サロンや医療脱毛には硬毛化・多毛化というリスクがあります。硬毛化は毛が太くなってしまうというもの。

出力の高いレーザー脱毛の方がリスクが高いといわれています。

ただし、それほど不安になる必要はありません。脱毛した人の7~8%にしか起こらない症状だからです。

多毛化はひとつの毛穴から複数の毛が生えてくるという症状です。それによって、脱毛前よりも毛が増えたように見えます。

こちらはさらに確率が低く、0.5パーセント前後の人にしか見られないといわれています。

それでも不安だと感じる人は、「硬毛化・多毛化保証」のついたクリニックを選びましょう

リゼクリニック、レジーナクリニック、クレアクリニックでは、そのような症状が出た場合には、無料で対処してくれます。


ラココの質問女性
肌荒れしていても鼻下脱毛は受けられる?
回答

多少の肌荒れであれば、施術は受けられます。

ただし、あまりにもひどい肌荒れや、真っ赤にただれてしまっているような場合は、断られるケースもあります。

どの脱毛方法でも少しは肌に刺激があるものにはなりますので、ムリに施術してしまうと悪化する恐れがあります。

まずは肌の調子を整えてから脱毛した方が安全だといえます。


ラココの質問女性
鼻下に産毛しかはえていないけど脱毛効果はある?
回答

鼻下はうぶ毛が多いため、脱毛の効果が出にくいといわれています。

特に、一般的な光脱毛やレーザー脱毛では、メラニンの黒い部分に反応することで脱毛を行うため、効果が出にくいでしょう。

しかし、蓄熱式(SHR)脱毛であれば問題ありません。

この脱毛法ではメラニンへの反応は関係ないので、黒くないうぶ毛でも問題なく脱毛効果を得ることができます。

また、痛みもほとんどなく、温かく感じる程度なので、はじめての方でも安心して受けられるので、うぶ毛の脱毛にはイチオシです!


ラココの質問女性
歯科矯正、インプラント、銀歯など歯の治療中でも脱毛はできる?
回答

歯科矯正やインプラントがある場合は、鼻下脱毛は断られることが多くなります。

金属が光に反応して熱を持ってしまうからです。その結果、やけどをしてしまうリスクがあります。

ただし、矯正もプラスティックや裏側から行うこともできるため、そういったケースでは脱毛の施術を行うこともできます。

サロンやクリニックによって異なりますので、カウンセリングで聞いてみるのが確実です。


ラココの質問女性
鼻下脱毛の副作用が心配。硬毛化しない?
回答

「硬毛化」「多毛化」という、脱毛したにもかかわらず、毛が増えてしまう症状が出ることはあります。

ただし、かなり確率は低いのでそこまで心配することはありません。

また、施術の種類によってはヤケドによる色素沈着や、乾燥肌になってしまうというトラブルもありえます。

こちらも、サロンやクリニックで脱毛のプロであるスタッフが担当してくれるので、しっかりと対処してくれるので問題ありません。

なにか起こっても、自分でなんとかしなくてはならない自己処理に比べると遥かに安全です。


ラココの質問女性
子どもでも鼻下脱毛は受けられる?
回答

ディオーネのハイパースキン脱毛は3歳から施術が受けられます。痛みもなく、肌への負担の少ない方法だからこそですね。

もちろん、子どもだけでなく大人にも優しい脱毛方法です!


ラココの質問女性
ほくろやシミがあっても大丈夫?
回答

ほくろやシミといった、色のついた部分がある場合は、その周囲は脱毛できないというケースもあります。

鼻下にほくろやシミがある場合は、SHR脱毛を選ぶといいでしょう。

SHR脱毛は、他の光脱毛やレーザー脱毛と違って、日焼けやほくろなどがあっても問題なく脱毛できる方法です。

肌への負担も少ないので子どもでも施術を受けることができます。


ラココの質問女性
具体的に鼻下の範囲ってどの部分ですか?
回答

鼻下はサロンによっても定義は異なりますが、「鼻のすぐ下から、唇のすぐ上まで」を指す場合が多いようです。横幅は唇の幅が目安です。

ただし、ほとんどの脱毛方法が光を当てるものなので、そこまでキッチリと線引きできるわけではありません。

鼻下から唇上までのほうれい線の内側と考えておくとよいでしょう。


ラココの質問女性
ニキビがあっても鼻下脱毛はうけられる?
回答

ニキビの程度にもよりますが、ほとんどの場合、鼻下脱毛が受けられます。ただし、ニキビがひどく、真っ赤な炎症が見られる場合などはNGになるケースもあります。

また、ニキビ跡も色素沈着がそこまでひどくなければ、施術は受けられますが、真っ黒や真っ赤といったかなり濃い跡になってしまっている場合には、断られる可能性があります。


ラココの質問女性
鼻下脱毛はすっぴんでやるの?いつ化粧できるの?メイクはどこで落とせばいい?
回答

鼻下脱毛の当日は通常通り、メイクをしてOKです。ただ、施術前に、照射部分についてはクレンジングされます。

施術後に予定があったり、ノーメイクで帰宅することに抵抗がある場合は、メイク用品を用意しておきましょう。

脱毛後のお肌は敏感になっているので、新しいものは避け、いつも使っているメイク用品にした方が安心です。


ラココの質問女性
高校生でも鼻下脱毛できるサロン・クリニックは?
回答

16歳以上であれば、ほとんどのサロンやクリニックで脱毛の施術を受けることができます。銀座カラーでは、学割や未成年限定の支払い方法も用意されています。

それ以外でもキレイモ、脱毛ラボでも学割料金があるので、お得に脱毛することができます。

脱毛の途中で学生でなくなっても、申込み時に学生であれば問題ありません。


ラココの質問女性
鼻下脱毛は永久に毛が生えなくなるの?
回答

脱毛後の毛の生え方については、個人差があるので一概にはいえません。

二度と生えてこなくなる人もいますし、しばらく経ってから、また生えはじめてしまう人もいます。

ただし、サロンやクリニックの脱毛では、受け続けることによって毛が減るという「減毛効果」が期待できます。

そのため、また生えてきてしまったとしても、以前よりは遥かに少ないケースが多いでしょう。


ラココの質問女性
鼻下脱毛は黒ずみにも効果があるって本当?
回答

自己処理や日焼けなどが原因で鼻下が黒ずんでしまったり、青くなってしまったりすることがあります。

自己処理を続けてしまうと、黒ずみが良くなることはありませんが、サロンやクリニックで脱毛することで、新たな黒ずみを作らないで済みます。

また、美白ローションを施術で使うサロンもありますので、黒ずみの改善が期待できます。


ラココの質問女性
鼻下脱毛に失敗したりトラブルになったりしないか不安
回答

鼻下脱毛にもトラブルは起こり得ます。やけどや、色素沈着、肌の乾燥、毛穴の開きなど、それほど数は多くないのですが、そういったリスクはあるのです。

万が一、そのようなトラブルがあった場合には、サロンやクリニックが対応してくれます。最終的には脱毛が完了する頃にはトラブルもおさまるはずです。

自己処理を続けるよりは、最後には綺麗な肌が手に入るでしょう。

鼻下を脱毛中の人へアフターケアなど疑問にお答え

ラココの質問女性
脱毛効果を高めるためのポイントは?
回答

効果を高めるためには、まず肌の調子を整えておくことが大切です。

日焼けに気をつけて、乾燥しやすい人は特に、保湿に気を使いましょう。

また、毛抜きでの自己処理もNGです。光脱毛でもレーザー脱毛でも、毛根から抜けてしまった毛については脱毛できません。必ず脱毛前にはカミソリで処理しましょう。


ラココの質問女性
なかなか毛が抜けないけど効果がないってこと?
回答

脱毛方法によってはすぐに毛は抜けないこともあります。

特にうぶ毛は効果が出にくいため、なかなか抜けないと感じることもあるかもしれません。

特にSHR脱毛は施術後、毛がぬけるまでに2~3週間かかります。

特にうぶ毛は効果がそのため、すぐに効果が欲しいときには、あまりおすすめできない脱毛方法です。


ラココの質問女性
脱毛直後に赤みがでてしまったら、どうしたらよい?<
回答

施術後に赤みが出ることは比較的よくあることです。

2~3日で引くことが多いので経過を観察し、1週間経過してもおさまらないといった場合には、施術を行ったお店に聞いてみた方がよいでしょう。


ラココの質問女性
脱毛直後に腫れが出てしまったらどうしたらよい?
回答

体質や体調などによって、脱毛後に腫れてしまうことがあります。

多くの場合が一時的なものなので、それほど心配する必要はありません。

万が一、腫れがおさまらなかったり、脱毛後の注意事項を守っていなかったりした場合には、サロンやクリニックに問い合わせてみましょう。

鼻下脱毛のまとめ

鼻下脱毛のまとめ

今回は鼻下脱毛について、全力で調査してみました。まず、脱毛には下記の2つの選択肢があります。

  • 自己処理(セルフ脱毛)
  • サロン、クリニックの脱毛施術

結論として、自己処理は続けていると青々としてしまったり、毛穴が目立つなどのデメリットが多く、あまりおすすめしません。

そこで、脱毛サロンと医療クリニックの脱毛施術を条件別に比較してみた結果が、下記の通りです。

  • 早く脱毛を終わらせたい→「ディオーネ」「ラココ」「ストラッシュ」
  • 肌に負担の少ない脱毛→「ディオーネ」「ラココ」「ストラッシュ」
  • 痛みのない→「ディオーネ」「ラココ」「ストラッシュ」
  • 美肌効果が高い→「ディオーネ」
  • 料金が安い→「ディオーネ」

ということで、ディオーネ一択という結論になりました。鼻下脱毛単品でなく、お得なキャンペーンを利用して、顔脱毛を申し込むのが一番ですね。

ディオーネのキャンペーン
https://www.datsumousalon-dione.jp/

なぜなら、ディオーネの脱毛には、美顔効果があるんです。だから、鼻下だけじゃ、もったないと思います(笑)。

脱毛でワントーン肌が明るくなるだけでなく、美肌になれるというのは脱毛後に期待大ですよね!

それに、3歳から通える痛みもなく、肌への負担の少ないサロンということで、安心感もあります。

顔脱毛のお得なキャンペーンをやっている今がチャンスだと思います!

↓鼻下脱毛を試すならこのサロン↓

あわせて読みたい参考記事