未成年がキレイモ契約に必要なもの(同意書・親の同伴・電話連絡など)

KIREIMOで脱毛したい!でも「同意書って何?」「親から連絡くるの?」親の同伴が必要かなども含めて、未成年がキレイモで脱毛契約をする方法について説明します。

未成年がキレイモ契約に必要なもの

キレイモ"未成年がキレイモ契約に必要なもの"

未成年がKIREIMOで脱毛契約をするのに必要なものは3つです。

  • 親権者の同意書
  • 支払いができる(契約)もの
  • 印鑑

では、「同意書」と「支払いについて」をさらに詳しく説明しましょう。

KIREIMOの親(親権者)同意書とは

未成年が契約するには、まず親(親権者)による同意書が必ず必要です。

親権者とは、基本的に父母で、「未成年者の保護責任がある人」のことです。ご両親が離婚等でシングルの場合には、どちらかひとりが「親権者」です。両親がいない時は「後見人」が法定代理人親権者となっています。

ちなみに、「親権者はお父さん・お母さん」の二人ですが、契約時では通常はどちらかひとりが「代表」となり、ひとりが同意をすれば、もうひとりの同意を得たとされます。

同意書ってなに?と思うかもしれませんが、KIREIMOでは公式サイトでダウンロードできるようになっています。また、パソコンでダウンロード等ができなくても、手書きでも親の同意書を用意できます。

(1)PDFデータ(同意書)をプリントアウトして使う

KIREIMO公式サイトからPDFをダウンロード

記入

印鑑を押す

(2)手書きで用意する場合

親権者同意書

((株))ヴィエリス御中

私は、下記未成年者の親権者として下記の未成年者が株式会社ヴィエリスの経営するキレイモにおいてエステティックサービスを受けること、及び契約を締結することを承諾します。

  • 申込者の氏名(未成年者)
  • 申込者の生年月日
  • 申込者の現住所
  • 申し込みするプラン名
  • 記入した日時
  • 親権者の現住所
  • 親権者の電話番号
  • 親権者の氏名、申込者との続柄(母・父など)、捺印

上記を便箋などに親権者本人に手書きしてもらい、印鑑を押してもらいます。

どちらも「捺印(印鑑を押してもらう)」がないと利用できませんから、忘れずに押してもらいましょう。

「成人している姉に同意書を書いてもらえる?」

成人していても、「親権者」と指定されているので、親権を持たない兄や姉が記入した「同意書」は使えません。例えば、親権者(親)に同意書を書いて貰い、支払いは「付き添いの姉名義のクレジットカードで一括払いをしてもらう」といった事は、できる場合が多いようですが、念のためサロンに確認しておきましょう。KIREIMOのローンに関しては、親名義によるローンとなります。

支払いができるものとは

キレイモ支払いができるものとは

契約当日には、今後支払いをするために必要なものがあります。

  • クレジットカード
  • 引き落とし口座
  • 現金

いずれかが必要になります。また、これとは別にローンを組むこともできますが、ローンは親権者が手続きをしなくてはなりません。

プラン別の支払い方法は以下の通りです。

月額プラン→引き落とし口座が必要

パックプラン→クレジットカードか現金による一括払い またはローン

*クレジットカード一括払いはカード会社に連絡して、分割に変更できます。

学割→一括払い(クレジットカード・現金・ローン)のみ

未成年でKIREIMOローンを利用する場合には

ローンは未成年では組めません。親権者が一緒に来店し、店舗でローンの手続きをします。この時に必要なのは

  • 印鑑
  • 同意書

の2点です。ローンを利用する時は、親権者と一緒に支払い方法の説明を受けましょう。

親の同伴は必要なのか

KIREIMOでは、親が一緒に店舗に来なくても脱毛の契約が出来ます。ただし、ローンを組むなど親名義での支払い手続きをする時には、一緒に来店してもらわなくてはなりません。

親の同伴が必要ない

  • 同意書を持参し現金で一括払い
  • 自分名義のクレジットカードや引き落とし口座があり支払いの手続きが可能な場合

親の同伴が必要

  • 親名義のクレジットカード等で支払う時
  • ローンを組む場合

親と同伴が難しい場合には、月額プランにして自分名義の引き落とし口座を利用するのが一番スムーズに契約できるようです。

親に電話で連絡されるの?

キレイモ親に電話で連絡されるの?

基本的には「キレイモから親へ連絡」はありません。ただし、同意書に不備な点があると電話で問い合わせをするケースはあります。印鑑の押し忘れや、記入漏れがないように気をつけましょう。

実際に、捺印がなかったので「ではご両親に電話をして確認させて下さい」と店舗でスタッフに言われたという口コミがあります。他にも「書類の記入がきちんとしていないと、結局、もう1度出直すか、その場で親に電話するように言われたりする」という口コミもあります。

初回カウンセリングの予約では、親の同意が必要なわけではありません。でも、最終的に未成年で脱毛するには必ず親の同意書は必要になります。最初から、親にきちんと脱毛することを相談しておいた方がいいですね。

自分で同意書を書いちゃダメなの?

「同意書は自分で書いちゃって、ハンコ押せばいいや」

・・・は、よくないですね。うまく書いたつもりでも、筆跡が怪しければ確認されるかもしれません。契約はお金に関わる事なので、曖昧にできません。厳しく言えば、文書偽造です。

脱毛はきちんと説明すれば、大抵の親は納得してくれるはずです。また、隠すような事でもありません。最初は反対していた母親が、同伴して来店したら「逆にきちんとしている事がわかって」パックプランの料金を支払ってくれた、という口コミもありましたよ。事前にまず、保護者に事情を説明し、キレイモの公式サイトなどを見せて相談するようにしましょう。

学割を使いたい場合には

キレイモの学割プランは非常に「割引率が高く」安く脱毛できるので、ぜひ利用したいプランです。しかし、

月額プランが使えない

のが難点でもあります。使えるのは

  1. クレジットカードによる一括払い
  2. 現金一括払い
  3. ローン(親名義)

の3つとなります。

学割は最大で7万近く安くなります。契約時に学生であれば、卒業後も継続してプランを利用できます。とてもお得で、学生さんならぜひ使いたいプランです。しかし、学生ではクレジットカードを持っていなかったり、まとまった現金を用意するのは難しいかもしれません。親に代わりにまず払ってもらい、アルバイトなどで返していくのが現実的ですね。

そもそも未成年であれば、実際にこうした美容関係のプランを利用する前に、ご両親と相談したほうが良いと思います。

比べるような事ではないかもしれませんが、例えば「美容外科で整形したい」というのと「むだ毛を処理したい」というのは、親に話すハードルの高さが全然違うと思いませんか?

とはいえ、親の世代では、美容サロンというだけで「執拗な勧誘」とか「高額なローンを組まされる」といった、ひと昔前のイメージを持っている場合も多いようです。最初は良い顔をしない場合もあるかもしれません。

脱毛サロンの施術は、カミソリで処理するよりも、実はもっと安全で、とてもキレイにむだ毛処理ができるというメリットもあります。

きちんと脱毛サロンの説明をしましょう。そして、ぜひ一緒に来店してみて下さい。KIREIMOでは、初回カウンセリングでとても丁寧な説明があります。また、実際に無料で脱毛の体験もできます。お母さんもサロンの状況を実際に見ることで安心するかもしれません。

「どうせ反対される」と決めつけず、むだ毛や体毛が濃くてイヤな思いをしている事や、脱毛の処理が大変な事、将来にわたって全身脱毛をしておけば例えば結婚式などでも助かる事をきちんと説明してみてはどうでしょうか。

繰り返すようですが、実際に相談してみたら「親が全部支払ってくれた」「お母さんも脱毛するとか言い出して、ふたりで通っている」こんな口コミも本当に多いんですよ!

未成年がキレイモで契約するときの注意点 

未成年がキレイモで契約するときの注意点

未成年でKIREIMOで脱毛契約をする時に、特に注意したい点をまとめました。

(1)事前に支払い方法を考えておく

  自分で対応できること 親(親権者)にお願いしたいこと

銀行口座から引き落とし

・月額プランに適用

  • 自分名義の口座を作る
  • アルバイトなどで収入がある
自分の口座がないのなら親の口座で頼む

クレジットカード引き落とし

・月額プランに適用

  • 自分名義の口座が必要
  • クレジットカードを持っている
親名義のクレジットカード利用は来店が必要

現金一括払い

・パックプランに適用

・学割プランに適用

事前にアルバイトなどでお金を貯めておく 親に支払ってもらい、自分で返済する人も多い

クレジットカード一括払い

・パックプランに適用

・学割プランに適用

  • クレジットカードを持っている
  • 翌月まとまった支払いが出来る
  • 分割に変更しても払えるメドがある
親名義のクレジットカードで支払いしてもらい、親への返済とする

ローン

・パックプランに適用

・学割プランに適用(親名義)

自分(未成年)ではローンは組めない
  • 親名義でローンを組んでもらう
  • 親同伴で来店し手続きを行う

事前にキレイモの脱毛プランを考えておく

上記に支払い方法として「自分でできること」「親に頼まないとできないこと」をまとめました。

しかし、例えばローンは「月額プラン」では使えません。

初回カウンセリングでは、キレイモでは丁寧な説明があります。支払い方法についても、色々と相談できるでしょう。でも、ある程度、事前に調べて「どのプランを使って、どういう支払い方法にしようか」考えておくとスムーズに契約が出来ます。

大学生でアルバイトもしていて、定期的な収入が見込めるならば選択肢は広がります。でも未成年、特に18歳以下の場合には親と同伴で来店したほうが早く契約もまとまるでしょう。

未成年がキレイモで契約するのは面倒? 

未成年がキレイモで契約するのは面倒

さて、未成年の皆さんにとって脱毛サロンの契約は大変なのでしょうか? 脱毛サロンは沢山ありますが、KIREIOは比較的、未成年でも契約しやすい脱毛サロンです。例えば、脱毛サロンによっては親と同伴でないと契約が難しい所もあります。

次の表にまとめたので、比べてみて下さい。

大手脱毛サロンの「未成年」契約の比較

  親の同伴 親の同意書 親へ電話連絡 年齢 同意書の書き方

キレイモ

不要 必要 基本なし 年齢制限なし

公式サイトからDL

手書きも可

シースリー

不要 必要 可能性あり 10歳〜

同意書のDL

手書きも可

ラ・ヴォーグ

不要 必要 基本なし 16歳〜

同意書のDL

銀座カラー

同伴でないと契約が完了できない 必要   16歳〜

同意書のDL

店舗でも同意書を貰える

ミュゼ

原則同伴 必要 電話連絡あり

年齢制限なし

(完了コースは16歳〜)

同意書のDL

手書きも可

脱毛ラボ

17歳以下は必須 必要 18歳以上でも同伴なしでは電話確認あり

12歳〜

同意書のDL

手書きも可

店舗でも同意書を貰える

キレイモ以外の「未成年契約」同意書

シースリー

◎同意書のダウンロードあり

◎自筆で書く場合には

「株式会社ビューティースリー御中」宛として、未成年者の親権者としてエステティックサービスを受ける旨を承諾するとし、

  • 未成年者氏名
  • 生年月日
  • 住所
  • 連絡先
  • 法定代理親権者1
  • *氏名、生年月日、住所、連絡先、続柄、捺印
  • 法定代理親権者2
  • *氏名、生年月日、住所、連絡先、続柄、捺印

上記を「親権者本人の自筆」で記入し、捺印します。

シースリーでは法定代理親権者向けに2つの記入欄があり少しわかりづらいですね。同意書を記入してもらう前に念のため、店舗等に親権者欄の記入について問い合わせた方がスムーズに間違いなく契約ができるかと思います。

ラ・ヴォーグ

◎同意書(未成年契約同意書)のダウンロードを利用

銀座カラー

◎同意書のダウンロードを利用

*ダウンロードできない場合には、店舗に行けばプリントした同意書の書類を貰えます。

ミュゼ

◎同意書(親権者法定代理人同意書)のダウンロードを利用

◎自筆で書く場合には、

私は、下記契約者(未成年者)が貴社とのエステティックサービス契約及びこれに付随するサービスに関する契約を締結するにあたり、民法第 5 条 1 項により、法定代理人親権者として同意いたします。とし、

  • 親権者氏名
  • 続柄
  • 住所
  • 捺印
  • 生年月日
  • 電話番号(自宅・携帯)
  • 契約者氏名(未成年者)
  • 住所
  • 生年月日

上記をすべて親権者の自筆で記入し、捺印します。

▼脱毛ラボ

◎同意書(親権者同意書)のダウンロードを利用

◎自筆で書く場合には、

「株式会社セドナエンタープライズ 御中」宛とし、

私(法定代理人親権者)は、下記の未成年者(契約者)の親権者として、未成年者(契約者)が貴社とエステティックサービスに関する契約及びそれに附随する個別契約(同意事項を含みます。)並びに商品購入に関する契約の締結をすることについてあらかじめ同意致します。また、貴社が当該契約の締結にあたり、私の本人確認書類の写しを確認することについても同意致します。 

  • 未成年者(契約者)住所
  • 氏名
  • 連絡先
  • 法定代理人親権者住所
  • 氏名
  • 捺印
  • 連絡先
  • 続柄
  • 確認連絡「可・不可」

上記を親権者の自筆で記入し、捺印します。脱毛ラボでは18歳以上でも親の同伴なしでの契約では、電話連絡の確認がきます。その為か、連絡確認の「可・不可」の欄があります。

未成年はキレイモで契約がラクかも!

未成年でもむだ毛を処理して、楽しい夏を迎えたいですよね。

そうは言っても脱毛サロンは、機械を使い体に触れるエステティックサービスのひとつ。また一定の金額になるので、契約はとても重要です。

ご両親に相談をして一緒に店舗に来てもらうのが、もっとも簡単に早く契約ができます。でも、KIREIMOでは親の同伴がなくても、きちんと記入し捺印された同意書を持参すれば、他の脱毛サロンより比較的スムーズに契約が出来ますよ!

関連記事

キレイモ知っ得情報 脱毛したいけど損はしたくない学生はキレイモの学割がオススメ!

【知らなきゃ損する!】キレイモ学割で脱毛しなきゃ後悔する理由

学生が脱毛するなら、「キレイモ」じゃないと絶対に損しちゃうって知ってました? なぜなら、キレイモが一番料金も安く、脱毛できる範囲も広いからです。もし他のサロンで脱毛したら、本気で後悔すると思います。 『絶対に損したくない!!』と思った私(短大1年生)が1週間かけて調べた結果を...

キレイモ知っ得情報

1回2~3万円の価値!?キレイモのフォトフェイシャルが凄すぎる件

キレイモでは顔脱毛をフォトフェイシャルに切り替えができると知っていますか? このフォトフェイシャル、エステでやると1回2〜3万円くらいかかるそうです。顔脱毛も捨てがたいけど、フォトフェイシャルの効果がすごすぎて切り替えする人も多いらしい!その効果をまとめました。 キレイモの...

キレイモ知っ得情報

毛がなくなるだけじゃない!?キレイモ顔脱毛の驚くべき効果とは?

キレイモは全身脱毛サロンですが、顔も、鼻下だけでなく「おでこ」「頬」「鼻」まで全てツルツルにしてくれます。KIRIEIMOで顔脱毛するとこんなにキレイになれる!顔脱毛の効果をまとめました。 キレイモの顔脱毛でこんな効果がありました!(みんなの...