脱毛サロン徹底比較(どっちがお得?)

キレイモvsミュゼ、どっちがお得?

脱毛サロンのキレイモとミュゼはどっちがお得?

結論:キレイモの方がお得!

料金・勧誘・通いやすさ・予約・痛みの5つの視点から徹底比較した結果は、次の通りです。

  • 料金→全身脱毛はキレイモの方が安い
  • 勧誘キレイモはまったく勧誘がない
  • 痛み→キレイモもミュゼも痛くない
  • 予約キレイモが取りやすい
  • 通いやすさ→人によって違う

※注意※
脱毛サロンの公式サイトは情報が少なく分かりづらいため、ウソの情報や噂が蔓延しています。当サイトでは本当に通ってみてスタッフさんから聞いた情報やフリーダイヤルで確認した情報のみを採用(2018年10月現在)。

料金でオトクなのはどっち?

料金でオトクなのはどっち?キレイモとミュゼ料金比較表

全身脱毛の料金が安いのは→キレイモ

★全身脱毛の料金比較表(税抜)

月額プラン
(月額)
全身脱毛
(12回)
学割
キレイモ
キレイモ
9,500円 212,040円 最大67,900円
ミュゼ
ミュゼ
なし 378,000円 なし

全身脱毛の料金を比較すると、キレイモの方が安いのが分かります。

ミュゼは全身脱毛よりも「ワキだけ」「腕だけ」「足だけ」のような部分脱毛が中心のサロンです。最初はワキだけと考えている人にとってはお得ですが、最終的に全身脱毛したいと思うならキレイモの方が断然安く脱毛することができます。

「ワキ+Vラインのみ」なら、ミュゼプラチナムがお得!

ミュゼプラチナムは毎月、信じられないくらい安いキャンペーンを行っています。内容や金額は少しずつ変わりますが、【ワキ+Vラインが0円で回数無制限に脱毛できる】という点は変わりません。

今月いくらでワキ+Vラインが回数無制限の脱毛ができるかは、↓のページで確認してください!

全身脱毛するなら、ミュゼ+キレイモで5万円安く!

「最初はワキ脱毛から始めたいけど、本当は他の部位(腕・足・顔など)のムダ毛も気になる・・」という女性にピッタリの方法があります。

それはミュゼでワキ+Vライン脱毛し放題の契約をし、キレイモに乗り換えるという方法です。

これだけ聞くと何だか怪しい感じがするかも知れませんが、これはキレイモの『のりかえ割』というサービスを使うだけの話で、みんながやってるお得に脱毛できる手段の1つなんです。

手順は以下の通り。

キレイモの全身脱毛が5万円安くなる乗り換え割テクニック

こんなに簡単だから、やらなきゃ損です。

ただ考えて欲しいのは、脱毛にかかる時間(期間)です。ワキ脱毛が終わって他の部位の脱毛をすると、その分脱毛が完了するまでに時間がかかります。ワキが2年で終わったとしても、他の部位が同じ2年なら合計で4年です。

そのとき、あなたは何歳ですか?

今、ミュゼのワキ脱毛とキレイモの全身脱毛を同時に始めれば、2年後には全身がツルツルです。

同じ金額をかけるのに、期間が2年と4年。あなたならどちらを選びますか?私なら間違えなく2年です。お金も大切ですが、お金で買えない年月や若さこそ、大切にしたいですよね!

キレイモには「学割」がある!

大学生や高校生だと自由に使えるお金もないし、どうしてもパッと見で安いミュゼを選んでしまいがちですよね。でも本当は、学生さんこそキレイモを選んでほしいです。

なぜなら、キレイモの学割なら最大7万円も安く全身脱毛ができるからです。しかも学生の間に契約すれば、社会人になってからも学割料金で通い続けることができます。

「社会人になってお金ができてから・・」と考えているなら、初任給が出るまで親に借りてでも大学生のうちにキレイモで契約しちゃった方がいいですよ!でないと、かなり損をしてしまいます。

以前はミュゼにもあったようですが、今は学割がありません。安く全身脱毛できるのは学生のうちだけなので、それを使わないのはもったいないと思います。

最近は「高校生や大学生のうちにムダ毛を処理したい!」と脱毛サロンに通う女子が増えています。社会人になったときに『周りの女子はみーんなムダ毛がなかった・・』なんて恥ずかしい思いをしなくてすむように、今のうちに脱毛しておきたいですね。

あわせて読みたい参考記事

ミュゼは顔脱毛ができない!!

ミュゼプラチナムの残念な点は、顔の脱毛がいっさい出来ないということです。ヒゲが気になる鼻下も脱毛することができません。「顔脱毛なんて考えてないわ」って人も油断しないでください。私もそう思ってました。

私も最初は「ワキだけしか脱毛しない」と決めて脱毛を始めましたが、数年後にはワキ・腕(ヒジ下・二の腕・指)・足(ヒザ下・太もも・指)・顔(鼻下・もみあげなど全体)・VIOラインの脱毛をしていました・・。

女の『キレイになりたい欲求』って、そんなもんなんですよ(笑)

しかも自己処理のわずらわしさがなくなり、肌もツルツルでキレイになるので、他の部位の自己処理をするのが嫌になってくると思います。逆に

「私は別に、ワキ以外のムダ毛はボーボーでいいの」

っていう女子は、ミュゼが最適です♪

★キレイモの今月キャンペーンは以下から確認!
キレイモ公式HPのキャプチャ

勧誘はどちらの方が少ない?

勧誘はどちらの方が少ない?

勧誘がまったくないのは→キレイモ

そもそも、『なぜミュゼは毎月こんなに安いキャンペーンを続けられる』と思いますか?もし会員みんなが100円キャンペーンのみだったら、商売としてやっていけませんよね。人件費だけ考えても大赤字です。

ミュゼは強引な勧誘こそありませんが、お客さんのニーズに合わせた案内は必ずあります。追加の契約があってこそミュゼの利益があるのですから、当然といえば当然です。

逆にキレイモは、全身脱毛の契約のみで十分に利益が出ます。全身脱毛以外に商品やサービスもないので、勧誘するネタがないんです。勧誘がまったくなくて当たり前ですよね♪

キレイモvs銀座カラー 勧誘に関するクチコミを集めました

キレイモの口コミ

キレイモは初回にプランを契約したら、あとは全く何かの勧誘や営業はなかったです(Oさん/23歳)

KIREIMOのスタッフさんとは、簡単な挨拶程度であとはすぐ施術で無駄話がないのがいい。まして勧誘とか一切ないです。(Sさん/29歳)

初回の説明ではパックプランを若干押し気味。でもKIREIMOは初回だけで後は契約しちゃったら営業がないので気がラク。(Wさん/30歳)

ミュゼの口コミ

ミュゼは毎回、別の部位を脱毛するようオススメされる。毎回なのでウンザリした。(Hさん/26歳)

強制的ではないけどミュゼでは施術のたびにオプションプランの営業がある。1度断っても次は別の人が施術するから営業は繰り返し行われる・・・。(Yさん/23歳)

ミュゼはだんだん「営業」じゃなく「勧誘」っぽくなってくる・・・(Kさん/25歳)

どちらの方が通いやすい?

どちらの方が通いやすい?

通いやすさは→ミュゼプラチナムがリード

  所在
県数
店舗数 営業
時間
HP
キレイモ
キレイモ
19 57 11:00~21:00 公式
サイト
ミュゼ
ミュゼ
42 170
(2018.2月)
10:00〜20:00
10:00〜21:00
公式
サイト

実際の「通いやすさ」は、人によって違う

サロンが所在する県、店舗数ともに圧倒的にミュゼが多いですね。営業時間もほぼ同じような感じなので、これだけ比べると、ミュゼが「通いやすい」となりそうです。

ただし、これはあくまでも一般的な評価の話です。だってどんなに店舗数が多くても、実際にあなたが通いたい場所に店舗がなければ「通いやすい」とは言えませんからね。

なのでまずは、ミュゼ・キレイモの店舗の場所をチェックしてみてください。

アクセスの良さも要チェック!

アクセスの良さは「通いやすさ」にかなり影響します。「実際に通うとしたら、どのルートで交通費がいくらかかるのか?」も考えて決めると失敗がありませんよ!

キレイモもミュゼも、都市圏にある店舗はいずれも最寄り駅から徒歩5分以内のところが多く、どちらも通いやすい場所にあります。

郊外になると、徒歩10分以上の店舗もあります。『徒歩15分』以上の場所だと、駅からバスへ乗り換えするほどの距離です。遠くなると交通費もバカになりません。通勤や通学の定期で通えるルートならいいのですが、この辺もチェックしておきましょう。

ほとんどの店舗では駐車場がないので、車で通いたいという人は、以下のようなショッピングモール内にある店舗がねらい目ですよ!

  • グランイオンモール秋田店
  • 高知イオンモール店
  • イオンタウン山梨中央店 

予約はどちらの方が取りやすい?

予約はどちらの方が取りやすい?

予約が取りやすさは→キレイモがややリード

予約の取りやすさって、実はとっても重要なポイント!なぜなら、予約=脱毛施術のタイミングなので、『脱毛効果』や『脱毛が終わるまでの期間』に大きく影響するからです。

本来、光脱毛は毛周期に合わせて2~3ヶ月に1回ほどのペースで施術します。この周期が狂ってしまうと脱毛効果が得られる毛が少なくなり、その分回数と料金が多くかかってしまうんです。

本来1年で終わるはずが2~3年もかかってしまったら、キレイな肌で過ごすはずだった20代の大切な時間をムダにしてしまうかも知れません。それほどに『予約』って大切なんです。

ミュゼは予約が取りづらい?

「ミュゼは予約が取りづらい」という口コミってよく見かけますよね。でも実際のところはどうなんでしょうか。

以下は実際にミュゼに通っている人にインタビューした会話の内容です。

予約は取りやすいですか?

予約は取りづらいです。予約専用アプリの「ミュゼパスポート」からだと、予約の空き状況を検索しやすくなっています。いつも通っている店舗の予約は、施術が終わった後に1か月~2か月先の予約をするようにしています。

アイコン

予約が取りづらいとは言っても、1~2か月ごとに取れるなら他のサロンよりハイペースですね!

引用元:https://arts-center.gr.jp/musee_waki10.html

1~2ヶ月先の予約が取れるのに、なぜ「予約が取りづらい」と感じるのでしょうか。それは、今ミュゼでは最短2週間で予約が取れるようになっているからです。つまり2週間先の予約は取れないけど、1~2ヶ月先の予約は取れるってことですね。

これなら毛周期からも外れないし、施術ペースはキレイモとあまり変わりません。ミュゼはアプリをダウンロードすれば、いつでも簡単に予約ができるのも便利です。

ただ本当は2週間ごとに通えるのに、それができない口惜しさは感じますよね。

ミュゼの過去の予約状況

ミュゼの口コミ

キャンセルしたら最後、次の予約はずーっと先になってしまう

都心部なら複数のサロンがあるので他の店で予約が入る場合もあるけど、引っ越しした先では県内に1軒のみで全く予約が入らない・・・

通い放題なのに、予約入らなかったら「通えない」から意味がない!

だいたい半年に1回のペースでしか予約が入らず、いつ終わるのよ!?とブチ切れて解約

コールセンターでの対応

「新しいマシンは施術時間が短くなったので、予約は前よりも入りやすくなっている。また、20分以内の施術(ワキ脱毛のみ、とかですね)は1週間前からしか予約できないようにしたので、キャンセルが少なくなり、枠もあいている」といった主旨の回答がありました。それでも予約が4ヶ月くらい先になるんですが、と食い下がってみたところ、

「電話でキャンセルが出るのを待っていただけたら」との回答。電話で店舗に直接問い合わせて、キャンセルが出たところを押さえてもらうのが最も早い方法らしいです。でも、毎日電話するわけにもいきません。

現在、ミュゼのマシンは新しくなって施術のスピードもアップ。本来なら「予約枠」も増えて、予約も入れやすくなっているはずです。ただ、一部の店舗などでは安いキャンペーンに予約が殺到する事も多く、今なお「予約が取れない」という声はあります。

コールセンターで「粘る」と、別の店舗を探して予約を入れてくれるという荒技も通るようですが、これも毎回行うのはどうかと思いますよね。

キレイモの予約は取りやすい

キレイモも一時期は、「人気が高くなったせいか、前と比べると予約が入りづらい」という声がありました。でも今では、だいたい希望の日時で予約することができるようです。

店舗数が増えたり、1回あたりの施術時間が短くなったことによって回転率が上がり、それが予約状況の改善に役立ったようです。

ここまでは他の脱毛サロンでも同じですが、キレイモの良いところは「予約保証」があるところです。しかもパックプランでは、前日の21時までに連絡をすれば予約日時の変更ができます。キャンセルがギリギリまで出来て、次の予約も保証されているのはとても嬉しいですよね!

ちなみにキレイモでも、専用アプリをダウンロードすれば、スマホからいつでも簡単に予約ができます。キャンセルや変更もアプリからできるので、手間がなくて便利ですね。

どちらの方が痛くない?

どちらの方が痛くない?

痛みは→キレイモもミュゼも痛くない!

ミュゼもキレイモも「痛み」については、大きな差はないようです。ただ、冷却ジェルを使う・使わない事による違いがあります。

ミュゼのS.S.C方式 vs KIREIMOのジェルなし冷却方式

ミュゼのS.S.C方式は、ジェルを塗ることによってフラッシュの照射による痛みを和らげます。この方式は確かに、医療レーザーやニードル方式と比較すると格段に痛みは少ないのが特徴です。ただし、「ジェルを塗っている部位」の効果なので、

  • スタッフによってはジェルの塗り忘れや丁寧に塗ってくれてない場合もあり、そうすると痛い!
  • いっぺんに広い範囲にジェルを塗ってしまうので、最後の方になると効果がイマイチ

その為に痛みを感じる人がいます。施術をするスタッフは毎回違います。特に混雑状況が激しいサロンでは、急ぐあまりに「ジェルの塗り方が雑」で、せっかくの痛み軽減効果が薄れてしまうのかもしれません。広範囲に塗ったジェルは、最初のひんやりした冷たさもだんだんとなくなってしまい、照射の熱をもろに受けてしまう事もあるのでしょう。

KIREIMOはジェルを塗らない方式です。その代わり、フラッシュを照射する間、その部位をピンポイントで冷却しながら施術をします。マシンに冷たい空気を送り出す噴射口があり、常に施術している部位を冷やしながら行います。ですから、例えば痛いと言われるVライン下なども「その場所をキュッと冷やしながら」熱を持つフラッシュを照射するので、熱い痛みがほとんどないのです。

痛みの感じ方は個人差があります。ミュゼでは「この前は全然平気だったのに、今回は痛かった」というような「行くたびに違う」バラツキがネックです。腕のいい、丁寧な処理をしてくれるスタッフさんに当たる幸運を願うしかありません・・・。

スタッフの「言葉がけ」で痛みも軽減する

痛みに個人差はあると言いましたが、「気持ち」の問題も大きいんですね。特に緊張して体が硬くなっていると、余計に痛みを感じやすくなります。

これは全ての店舗に通ったわけではないので、正直なところわかりません。ただ、ミュゼに通った人の話などと比べると、混雑している分、ミュゼでは「いきなり、Vライン脱毛がスタートしてビックリした」こんな事もあるようです。

比較的、スタッフの入れ替えが激しいと言われるのがミュゼです。次々と施術をしていくので、マニュアル通りに「さばく」雰囲気がどうにも慣れない=痛みが強い感じがする、と思いやすくなるのでしょうか。

同じ人の施術でなくても、通ううちに顔見知りのスタッフが出来て、リラックスした気持ちで施術を受けられれば、痛みを感じにくくなるところは実際にあるように思えます。

ジェルなし!キレイモの脱毛方法

KIREIMOのジェルなしの施術方法をもう少し詳しく説明しますね。キレイモの場合は冷たい空気をあてながらフラッシュを照射して痛みを軽減しています。

−4度と言われる冷却された空気をあてながら同時にフラッシュを照射するので、「熱と冷却」が同時に行われるんです。だから、「つめたい? あ、あったかい?」と「冷たくなりすぎず」に「熱く感じずに」痛みもないというメリットがあります。

他にも冷却ジェルを使わないメリットは以下の通りです。

  • ジェルを塗る冷たさがない
  • 拭き取りきれないジェルの不快感がない
  • ジェルを「塗る・拭き取る」時間が短縮される
  • 冬場も全身冷たくならずに快適

ミュゼのS.S.C方式も痛みは少ない方と言われますが、特にジェルをきれいに拭き取りきれず、残ったままで着替えをした時の不快感などデメリットも気になります。

総合評価:【キレイモvsミュゼ】は、全身脱毛ならキレイモ!

総合評価:キレイモvsミュゼならキレイモ!

圧倒的な店舗数を誇るミュゼは、CMや吊り広告でもよく見かけますし、激安ワキ脱毛などで有名です。実際にワキ脱毛をミュゼで体験した人も多いと思います。

全身脱毛でミュゼかキレイモか、どちらか1つを選びたいのなら【料金・勧誘・予約】の3項目で評価の高かったキレイモの方がメリットは大きいです。

けれど、少し面倒でもできるだけ安く全身脱毛したいのなら、キレイモの『のりかえ割』を使わない手はありません。

ワキやVラインは、全身の中でも回数が必要になる部分なので、ミュゼの回数無制限コースを持っておくのはメリットが高いと思いますよ!