【キレイモvs銀座カラー】ウソの情報に騙されない!ホントの情報だけ掲載します

キレイモと銀座カラーではどちらが得か?料金・勧誘・通いやすさ・予約・痛みの5つの視点から徹底比較します!

※注意※脱毛サロンの公式サイトは情報が少なく分かりづらいため、ウソの情報や噂が蔓延しています。当サイトでは本当に通ってみてスタッフさんから聞いた情報やフリーダイヤルで確認した情報のみを採用。2017年6月時点の本当の情報だけを掲載しています。

脱毛サロンキレイモ、銀座カラーの情報を徹底調査

料金でオトクなのはどっち?

結論:KIREIMOの方が安くてオトク

キレイモと銀座カラーの料金比較表(全身脱毛)

  キレイモ 銀座カラー
月額プラン(月額) 9,500円 6,800円
月額プラン(総額) 104,500円 197,650円
学割の割引 最大67,900円 最大11,176円

総額で考えるとキレイモがオトク!

総額で考えるとキレイモがオトク!

月額プランの場合、つい「毎月○○円」その金額だけで比較しがちです。でも肝心なのは

総額!

です。毎月いくらではなく、全体として最後に「いくら支払ったか」がポイントになります。表を見れば一目瞭然、毎月の金額は銀座カラーは6,800円となかなか魅力的なのですが、総支払額を見てみましょう。

キレイモより、銀座カラーは総支払額で9万円近く高いのです。

脱毛サロンの料金比較サイトを見ると、

「わ、6800円! 安い!」
「2回まで無料?お得!」

最初に現れる数字に惑わされがちです。でも、脱毛サロンは少なくとも6回は通うでしょう。実際にはもっと通う人がほとんどです。

「脱毛が完了した時点で」どれくらいお金がかかるのかを確認しないと本当の「比較」にはなりません。特に月額プランは「毎月の支払い」が安いだけに、月額料金ばかりが目についてしまいます。

でも総額まで考えずに契約してしまうと結果的に「高くつく」ことが多々あります。

脱毛できる「部位の数」も重要ポイント

もうひとつ、念頭に置きたいのが「脱毛してもらえる部位」の数です。

銀座カラーは顔が含まれていません。いっぽう、KIREIMOは全身脱毛に顔、しかも鼻や額といった全パーツが含まれています。

銀座カラーは脱毛し放題の料金ではあるんですが、顔パーツがないことも考えると、この金額差はかなり大きいですね。

銀座カラーで顔をオプションで脱毛するとなると

  1. 鼻下 14,070円(8回)
  2. 口下 14,070円
  3. もみあげ 14,070円

合計42,210円

です。ただし、これだと「おでこ」や「頬」が脱毛できません。
銀座カラーには「顔セットコース」もあるのですが、こちらは顔のパーツ全てが含まれるので、キレイモと同じですが

顔セットコース金額 116,178円
*スペシャルキャンペーン中のお得なプランの料金

と、キャンペーン中ですが、それでもかなり高い金額になっています。

総支払額で9万円近く差がつくと書きましたが、オプションで顔脱毛を加えたら、20万円以上も銀座カラーの方が高いという結果になります。

学割は断然キレイモがオトク!

学割は断然キレイモがオトク!

最近は高校生や大学生のうちに全身脱毛する女子が急増中です。「学割」が使えるかどうか、その割引率はどうかは料金比較でも大事なところ。学割は比較的わかりやすく料金表示されています。

ここでもキレイモは約7万円も安くなりますが、銀座カラーは1万円ちょっとしか安くなりません。

この料金の差も大きいですね。

料金比較のチェックポイントまとめ

脱毛サロンを選ぶのに、たぶん最初に比較するのが「料金」ではありませんか?
でもパッと公式サイトを見た時の印象だけで判断してはダメ。

  • 脱毛完了までにいくら払うことになるのか
  • 全身のどの部位を脱毛してくれるか

ここを必ずチェックしましょう。

勧誘はどちらの方が少ない?

結論:まったく勧誘されないキレイモの方がいい

キレイモはプラン説明はあっても、これにしろ的な勧誘は一切なかった

(Nさん/23歳)

KIREIMOは基本的に全身脱毛プランなので勧誘の必要性がないのでは

(Kさん/29歳)

銀座カラーはしつこい勧誘はない。ただ、施術のたびにローションの購入とかをなにげにすすめてくるのがちょい面倒

(Hさん/22歳)

KIREIMOは初回カウンセリングでプランの説明時になにげなくパックプランを勧められた。でもその1度だけで、その後は全く勧誘はありません

(Nさん/26歳)

全身脱毛だけど銀座カラーは顔が入っていないんです。それで途中から、顔脱毛をオプションで入れるような、まぁ勧誘という程でもないけど、「営業」はありました。

スタッフが毎回違い、毎回オプション脱毛の説明があるんで、最後の方は「これって勧誘ぽい」と思ったことはあります。

(Oさん/31歳)

銀座カラーもキレイモも行ったことがあります。銀座カラーは美肌潤美ローションの購入を勧めてくるのがしつこく感じる。キレイモは特にはなかったです。

(Iさん/27歳)

実は姉妹で通っていますが、銀座カラーで不思議なのは大学生の妹には全く勧誘はないのに、私には顔脱毛のコースやローション購入を毎回説明してくること。相手を見ているのかもしれないが、微妙に不快。

(Aさん/26歳)

キレイモは勧誘する「必要がない」脱毛サロン

単純にキレイモには「勧誘しなくてはならないモノがない」んですね。KIREIMOにはオプションのコースがないので、そもそも勧誘する必要がないのです。

銀座カラーも基本的に執拗な勧誘というのはないようです。でも口コミでけっこう「銀座カラー・勧誘」がひっかかってくるのは、たぶん、ローションの売り込みなどが原因なのでしょう。

どの脱毛サロンでも「プランやコースの説明」はあります。ただ他に売り込みたい製品やプランがあるかどうか、が「営業(勧誘)がうざったい」と感じる分かれ目かもしれません。

どちらの方が通いやすい?

結論:キレイモのほうが通いやすい

  キレイモ 銀座カラー
所在県数 18 19
店舗数 49 50
営業時間 11:00~21:00 平日 12:00~21:00
土日 10:00~19:00

アクセスや店舗数で通いやすさをチェック

店舗数だけを比べると、わずかですが銀座カラーの方が多いですね。でも、通いやすいかどうかで重要なのは店舗数の問題だけではありません。

駅からのアクセスは大きいですね。

  • キレイモ:ほとんどの店舗が駅から徒歩5分圏内
  • 銀座カラー:徒歩10分以上のところも多い

これは公式サイトの情報ですので、実際に銀座カラーとキレイモの店舗をいくつかピックアップし、駅から歩いてみました。銀座カラーの某店舗は徒歩で15分程度ありました。これ、けっこう遠くてバスに乗ってもいいかな、と思う感じです。

キレイモも千葉店とか「ギリギリ徒歩5分」かな~という感じですが、他はもっと近くて2~3分という店舗が多かったです。ちなみにキレイモの沖縄店舗は徒歩7分とはなっています、行った事がないのでこちらはちょっとわかりませんが。

予約を入れたら雨の日だって店舗に行きます。駅チカの店舗が多いので、キレイモの方が通いやすいと思います。もちろん、アクセスは家からサロン、あるいは通勤・通学途中にあるといった事も関わってくるので一概には言えません。

会社帰りに寄る事が多いのか、週末にショッピングがてら通いたいのか、自分のライフスタイルや希望をもとに脱毛サロンを選んで下さいね。

[営業時間]実は重要ポイント

営業時間は、キレイモが長いですね。

特に銀座カラーで痛いのが、週末の終了時間が比較的早いことです。働いている人は週末に脱毛サロンに通いたい人が多いと思います。

でも貴重なお休みの日、昼間にアレコレやりたい事もあるでしょう。夜7時までなら、最低でも6時台に来店しないといけません。

その点、キレイモは土日も21時、夜9時まで営業しているので、たっぷり休日を楽しんでから「帰りがけにササッと脱毛」も可能です。

予約はどちらの方が取りやすい?

キレイモと銀座カラーはどちらの方が予約を取りやすい?

キレイモと銀座カラーを比べると、予約が取りやすいのは

キレイモ

ですね。理由は3つあります。

(1)パックプランは予約が確約

KIREIMOのパックプランは予約が保証されています。確約されているので、基本的に予約が取りやすくなっています。キャンセル料もかかりません。(※月額プランは予約変更不可)

(2)KIREIMOは予約枠が多い

キレイモの施術はとてもスピーディーです。しかもパックプランでは1度の来店で全身の脱毛が可能。よくある全身脱毛のように月に2回来店ではなく、数ヶ月に1度通えばいいのです。

ということは「予約枠」が多くなり、予約が取りやすくなるのです。ただ、これは銀座カラーも全身脱毛は同じようなシステムなんです。問題は銀座カラーは単発プランも多く、セットコースやフリーチョイスのプラン予約で混雑しやすいという点でしょう。

(3)銀座カラーはそもそも予約が取りづらい

銀座カラーとキレイモを比べた場合、まず銀座カラーは「予約が取れない」という口コミが実際に多いという点が気になります。もちろん口コミですから、「土日でも1週間前くらいなら取れる」というのもあります。

ですが「キャンセルしたら次の予約がなかなか入らなくて困った」「2ヶ月先でも入らない!(怒)」こんな口コミが多いのも事実です。

実際に予約の取りやすさについてサロンに問い合わせてみました。どちらも「取れない」とは当然ながら言いません。

「予約が取りにくいことはあまりないと思います。
ただ混雑している時期やタイミングにもよります」

というのがマニュアル通りの回答のようです。問い合わせの回答は、キレイモと銀座カラーも同じような感じです。

確かに店舗や予約したい時期・時間による差が大きいとは思いますが、少なくともキレイモと銀座カラーの比較では、やはりキレイモの方が枠も多いので予約が入りやすいと言えそうです。

特に

キレイモのパックプラン

こちらは予約が取りやすいのも特徴であるプランですから、希望の日にすんなり予約をいれて通いたい!人にはオススメです。

どちらの方が痛くない?

結論:キレイモの方が痛くない

脱毛サロンの痛みですが

「輪ゴムをはじいたような痛み」
「パチッとした瞬間的な痛みと熱さ」
「一瞬ヤケドをしたような熱さ」

こんな表現をよく見かけます。

キレイモは照射をしながら、同時に機械の照射口から冷たい空気が噴射されます。キレイモのスタッフさんによると「熱を帯びた光を照射する都度、同時に冷却をするので痛みを感じにくくしてくれる」と説明してくれました。

これは実際に通ってみれば、わかります。他の脱毛サロンに通ったことがあれば、痛みの差が実感できると思います。


銀座カラーも冷やしながら脱毛をするスタイルです。ただし、あくまでも冷やすのは照射前に行う冷却ジェルのみです。施術の前に照射する範囲にこの冷却ジェルを塗ってくれます。

気になるのは、銀座カラーに実際に通っていた人の「最初はいいけど、問題は後半になると痛みが感じやすくなる感じ」との言葉です。

最初にわりと広い範囲にジェルを塗ってしまうので、ワンショットやツーショットならともかく、だんだんと冷却ジェルの冷たさがなくなってしまう。

冷却ジェルの効果が下がる後の方で照射すると、熱がダイレクトに皮膚に伝わってしまうと言うのです。確かに冷却ジェルは最初はとても冷たく、でも時間と共にどんどん体温に近くなってしまいます。

この「熱さ」が痛みの元にもなるので、比較すると「常に冷却しながら同時に施術してくれる」キレイモのほうが痛みが少ないのです。

キレイモ以外では、冬の脱毛は地獄!

キレイモ独自の施術方法なのですが

冷却ジェルを塗らない施術

施術している部位だけに冷たい空気を噴射して、フラッシュの熱を冷まします。それが上記で説明したKIREIMOの施術方法です。

銀座カラーは冷却ジェルを塗ります。この冷却ジェルが、とにかく最初の瞬間とても冷たいんです。体験した人は「体がキュッと縮こまった」「ぶるっと冷たさに体が固まった」と言っています。

特に全身脱毛ともなると、ジェルをぬる施術方法は全身が冷え切ってしまいます。中には体がむくんでしまう人もいるそうです。痛みの軽減のためには、部位全体にジェルを塗るしかありません。

でも冬場のジェルは本当に辛いんですよね。冷え性の女子にはある意味、ホント地獄です。

キレイモなら、ショットにあわせて「光を照射する部位だけをピンポイントに」冷却。熱をとりながら痛みを軽減するので、ひどい冷たさが全身を駆け抜けるなんて事はありません。

総合評価:キレイモvs銀座カラーならキレイモ!

キレイモvs銀座カラーならキレイモ!

いろいろと比べてみました。

  • 料金
  • 勧誘
  • 通いやすさ
  • 予約
  • 痛み

勧誘や通いやすさは、体験した人によっても感想が違います。

勧誘はスタッフの対応や、話し方で印象も変わります。通いやすさについては、都内23区と地方でも違いますし住んでいる場所にもよるでしょうから、一概には言えません。

それでも「キレイモ」の方が総合評価を高くしているのは、

  • 料金が安い
  • 予約が入りやすい
  • 痛みがほとんどない

この3つです。そして、料金・予約・痛みこそ、脱毛サロン選びの基本となる「3つのポイント」でもあります。

銀座カラーとの比較では、3つのポイントで大きく評価が上回っているキレイモの勝ち!ですね。

関連記事